広島城跡・護国神社

トップ/旅行あれこれ/広島県
・松山駅〜松山市
・松山市〜 松山城〜 道後温泉〜松山市
・松山市〜 広島平和記念公園〜 広島城跡・護国神社〜 縮景園〜広島市
・広島市〜 日本三景 宮島〜広島駅
広島城跡
広島城跡
( 国史跡)

 広島城の築城は、毛利輝元が大坂城・聚楽第を訪れた翌年の天正17年(1589)に始まっている。城地は当時、広島湾に面した地域で、太田川舟運とも結びついた交通の要衛であった。
 昭和20年(1945)8月15日の原爆投下は、近くの相生橋が目標となったため、広島城も大きな被害を被った。第二次世界大戦後、1953年に広島城跡が 国史跡を受けたことから、市民の間に天守閣再建の機運が高まり、1958年に再建された。天守閣では、広島城の歴史に関する史資料が展示されている。

護国神社
護国神社
護国神社
護国神社

広島城跡・護国神社

広島平和記念公園へ 縮景園へ