玉陵
(中室・東室・西室)

トップ/旅行あれこれ/沖縄県
・那覇空港〜 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
・沖縄美ら海水族館〜 沖縄村
・首里城〜 玉陵〜 識名園〜那覇空港
玉陵
2011.1.10 首里城・玉陵・識名園 youtube国重要文化財)(国史跡)(世界遺産

 1501年、尚真王が父尚円王の遺骨や改葬するために築かれ、第二尚氏王統の陵墓となった。墓室は三つに分かれ、中室は洗骨前の遺骸を安置する部屋、創建当初の東室は洗骨後の王と王妃、西室には、墓前の庭の玉陵碑に記されている限られた家族が葬られた。全体のつくりは、当時の板葺屋根の宮殿を表した石造建造物になっている。沖縄戦で大きな被害を受けたが、1974年から3年余りの歳月をかけ、修復工事が行われ、往時の姿を取り戻して今日に至っている。

東室
東室
西室
西室

玉陵
(中室・東室・西室)

首里城へ 識名園へ