日御碕神社・日御碕灯台

トップ/旅行あれこれ/島根県
・大田市駅(JR山陰本線)〜 石見銀山(大森の町並み)〜 宍道湖・玉造温泉
・ 出雲大社〜 日御碕神社〜 松江城〜 皆生温泉
・ 米子駅〜 鳥取砂丘〜鳥取駅(JR山陰本線)
楼門
楼門(国重要文化財)
神の宮(上の宮)
神の宮(上の宮)(国重要文化財)

 日御碕神社は上世以来社殿の御造営20数回、皆勅使命又し将軍の祈願に依ったもので、之にても日御碕神社の御神威の一端がうかがわれるのである。現在の社殿は日没宮、神の宮共に徳川三代将軍徳川家光公の命により、幕府直轄工事として江戸より工匠を特派し、着工以来10年の歳月をかけ、寛永21年(1644)竣工し、310年の星霜を経ている。
 神の宮(上の宮)
 御祭神 神素盞嗚尊。
 神代の昔、素盞嗚尊出雲の国造りの事始めをされており、根の国に渡り熊成の峯に登り給い、柏の葉をとりて占い『吾が神魂はみの柏葉の止まる所に住まん』と仰せられてお投げになったという。柏葉はひょうひょうと風に舞い遂に美佐伎なる隠ケ丘に止まった。よって御子神天葺根命はここを素盞嗚尊の神魂の鎮ります処として斉き祀り給うたと云う。

日沈の宮(下の宮)
日沈の宮(下の宮)(国重要文化財)

 御祭神 天照大御神。
 『出雲国風土記』に「美佐伎社」とある古社である。日沈宮は、神代以来現社地に程近い海岸(清江の浜)の経島に御鎮座になっていたが、村上天皇の天暦2年(約1千年前)に勅命によって、現社地に御還座致されたのである。経島に御鎮座の由来を尋ねるに、神代の昔素盞嗚尊の御子神天葺根命(あめのふきねのみこと)清江の浜に出ましし時、島上の百枝の松に瑞光輝き『吾はこれの神なり。此処に鎮りて天下の人民を恵まん。汝速に吾を祀れ。』と天照大神の御神託あり。命即ち悦び畏みて直ちに島上に大御神を斉き祀り給うたと言う。

末社
末社
御製の御歌
御製の御歌

 御製の御歌
  秋の果ての碕の浜の みやしろに をろがみ祈る 世のたひらぎを
 昭和天皇には、くにびき国体に行幸のみぎり当神社に御親拝遊ばれました。御製はその折の大御心をお詠み下されたものである。

経島
経島(国天然記念物)

 日御碕神社附近海岸の経島は、往昔日御碕神社『日沈宮』御鎮座の霊域として、毎年8月7日、夕日の祭典のため神職が渡島する外は、古来何人も登るを許されぬ島である。全島悉状節理をした石英角班岩の階層から成り、恰も万巻の経文を積み重ねた模様で一に「お経島」とも云う。更に又「ウミネコ」の産卵、繁殖地として全国的に著名である。

日御碕灯台
日御碕灯台
日御碕灯台
日御碕灯台

 日御碕灯台は、明治32年(1899)ら浜田、境の両港が開港場に指定され、外国貿易が盛んになってきたことから大型沿岸灯台設置の必要性が高まり、明治33年から3カ年をかけて大工事の末に完成した。この工事には、島根県八束郡森山から硬質の石材を切り出し、境港から海路54海里を運搬し、灯塔用材に使われた。

岩礁
岩礁
展望台の眺め
展望台の眺め

展望台の眺め(南)
2012.7.29 出雲大社 日御碕神社・灯台 youtube

日御碕神社・日御碕灯台

出雲大社 松江城へ