第64回さっぽろ雪まつり
(開催前夜から開会式)

トップ / 旅行あれこれ / 北海道(道央)
新千歳空港~千歳・支笏湖氷濤まつり~定山渓温泉
定山渓温泉~札幌国際スキー場~羊ヶ丘展望台~札幌
札幌~さっぽろ雪まつり(開催前日)~さっぽろ雪まつり(開催前夜)~札幌
札幌~すすきの氷の祭典~さっぽろ雪まつり(開会式)~新千歳空港
markさっぽろ雪まつり(さっぽろゆきまつり)
豊平館プロジェクションマッピング
豊平館プロジェクションマッピング

 夜間には、文化芸術の創造性でまちの活力と経済活性化につなげていく「創造都市さっぽろ」の取り組みの一環として、大雪像へのプロジェクションマッピングを世界で初めて行います。プロジェクションマッピングはデジタル技術と芸術を融合した先進的なアート表現(メディアアーツ)の一つで音楽と連動して光のアート映像を大雪像に投射するとともに、既存の照明を消したうえで、LED電球を活用して節電や足元の安全を確保しながら会場内を演出し、さっぽろ雪まつりの新たな魅力を世界に発信します。プロジェクションマッピングは毎日17:00~22:00の間に15~30分間隔で行います。(パンフレットより)

豊平館プロジェクションマッピング
豊平館プロジェクションマッピング

2013.2.4 豊平館プロジェクションマッピングyoutube

中正記念堂ライトアップ
中正記念堂ライトアップ
ワット・ベンチャマボビット ライトアップ
ワット・ベンチャマボビット ライトアップ

歌舞伎座ライトアップ
歌舞伎座ライトアップ
歌舞伎座ライトアップ
歌舞伎座ライトアップ

歌舞伎座ライトアップ(8丁目)
歌舞伎座ライトアップ(8丁目)

 歌舞伎座は、明治22年、当時木挽町と呼ばれた現在の地で開場、松竹が運営する民間の劇場です。関東大震災や第二次世界大戦中の空襲による被災などによって建物の変遷はありましたが、120年以上の歴史が受け継がれてきた正に「歌舞伎の殿堂」といえる劇場です。昭和26年に開場した第4期歌舞伎座は「国土の歴史的景観に寄与している」として、平成14年に登録有形文化財に登録されました。平成22年5月より建替え工事に入っていた歌舞伎座ですが、いよいよ平成25年春に竣工となります。(パンフレットより)

歌舞伎座 前日の準備
歌舞伎座 前日の準備

さあ、太陽の下へ
さあ、太陽の下へ
中畑のおじさんと清吉おじさん
中畑のおじさんと清吉おじさん

 太陽の光をいっぱい浴びて、今日も笑顔で元気に生きて行こう!
 「北の国から」に欠かせない、二人の名優を亡くしました。合掌。

ちびまる子ちゃん in Hawai'iライトアップ
ちびまる子ちゃん in Hawai'iライトアップ

来場者の皆さん
来場者の皆さん
自衛隊音楽隊
自衛隊音楽隊

自衛隊音楽隊演奏
自衛隊音楽隊演奏

さっぽろ雪まつり
さっぽろ雪まつり

 『さっぽろ雪まつり』は今年で64回目。厳冬の北海道を華やかに彩る一大イベントとして国内はもとより広く海外にも知られ、昨年度は205万4、000人を超える観客で賑わいました。今年も、札幌市内3つの会場で2月5日(火)にオープン。札幌の中心部に展開する「大通会場」には迫力ある大雪氷像の数々が並び、陸上自衛隊と札幌市民が総力をあげて完成させた芸術が楽しめます。さらに、ライトアップされた氷彫刻が幻想的な「すすきの会場」、すべり台やスノーラフトなど子どもから大人まで雪遊びが楽しめる「つピーむ会場」と、それぞれ特徴ある会場で異なる感動をご体感ください。(パンフレットより)

2013.2.5 第64回さっぽろ雪まつりyoutube

さっぽろ雪まつり(開催前日)へ left right すすきの氷の祭典へ
週末ウォーキング