金沢 兼六園
(成巽閣・霞ヶ池・夕顔亭)

トップ/旅行あれこれ/石川県
・金沢駅〜石崎奉燈祭〜加賀屋
・加賀屋〜奥能登一周(輪島朝市・白米の千枚田・禄剛崎灯台・見附島)〜加賀屋
・加賀屋〜ひがし茶屋街〜兼六園〜金沢駅

成巽閣 つくしの縁
成巽閣 つくしの縁(国重要文化財)

 成巽閣は江戸時代末期、文久3年(1863)に前田家13代齋泰が母堂にあたる12代奥方、真龍院(鷹司隆子)のために造営した奥方御殿です。真龍院の生家、鷹司家の御殿が「辰巳殿」と呼ばれていた事や「辰巳用水」が庭園を流れ、「辰巳長屋」が配されるなど「辰巳」の言葉に縁が深く、加えて金沢城より「巽」の方角にある事から「巽御殿」と名付けられた。
 つくしの縁側の軒先は“枯木”によって支えられ、庭を開放的に眺めることができる。枯木は約40cm角、長さ10cm余りの松材で、これを2m間隔に組み入れ挺子の原理で屋根を支えている。成巽閥の構造の大きな特徴といえる。

成巽閣
成巽閣

つくしの縁庭園 クロマツ
つくしの縁庭園 クロマツ

兼六園
兼六園
(国特別名勝)

 兼六園は、池泉回遊式の江戸時代を代表する大名庭園である。10万坪におよぶ広大な園内のうち、瓢池や翠滝の付近は、延宝4年(1676)に加賀藩5代藩主前田綱紀によって創設された旧蓮池庭にあたり、「蓮池の御亭」がおかれた当初の雰囲気が味わえる。
 日本三名園(金沢の兼六園、岡山の後楽園、水戸の偕楽園)に数えられている。

内橋亭
内橋亭

霞ケ池と蓬莱島
霞ケ池と蓬莱島

 霞ケ池は天保8年(1873)に堀りひろげられた池で、広さは5800平方メートル。池の中の島は、蓬莱島といい、不老長寿をあらわしており、また亀の甲の形をしているので、別名、亀甲島ともいう。

七福神山
七福神山

明治紀念之標
明治紀念之標

 七福神山は、文政5年(1822)に建てられた竹沢御殿からながめた築山である。

兼六園
兼六園

眺望台
眺望台

 「兼六園」の名は、松平定信が斉広の依頼により名づけたものである。定信は、北未の『洛陽名園記』から、「宏大に努めれば幽邃少なし、人力勝れば蒼古少なし、水泉多ければ眺望艱し、この六つを兼ぬるは、この潮園のみ」を引用し、「兼六園」の揮毫を贈ったが、この庭を実際に訪れてはいない。
 眺望台からは、兼六園の六勝のうちの一つ「眺望」を味わうことができる。左のはるかに横たわる稜線は内灘砂丘、その向こうは日本海、砂丘が右に尽きるところから能登半島が北にのびている。正面の山は卵辰山、右は遠く富山県境の医王山がのぞまれる。

夕顔亭
夕顔亭

翠滝
翠滝

 園内に現存する最も古い建物で、安永3年(1774)に建てられた茶室である。茶席の次の間の袖壁に夕顔(瓢箪)の適があるので夕顔亭という亭名がつけられている。

兼六園
2014.8.4 金沢(ひがし茶屋街・兼六園)youtube

金沢城跡 石川門
金沢城跡 石川門(国重要文化財)

 石川門は、江戸時代初期から梯め手門とされ、現存の建物は宝暦大火(1759年)後、天明8年(1788)に再建されたもので、表門(一の門)、左右太鼓塀、櫓門(二の門)、続櫓、石川櫓などからなる。表門左手の自漆喰の壁が鮮やかな石川櫓を眺めつつ研形の中に入ると、櫓門の海鼠壁、大きな刻印のある割石積みの石垣や切石積みの石垣に間近に触れることができる。屋根の鉛瓦や海鼠壁は金沢城のシンボルであり、白を基調とした城郭等薬の典型である。

金沢 兼六園
(成巽閣・霞ヶ池・夕顔亭)

ひがし茶屋街へ 金沢駅へ