金沢 ひがし茶屋街

トップ/旅行あれこれ/石川県
・金沢駅〜石崎奉燈祭〜加賀屋
・加賀屋〜奥能登一周(輪島朝市・白米の千枚田・禄剛崎灯台・見附島)〜加賀屋
・加賀屋〜ひがし茶屋街〜兼六園〜金沢駅
ひがし茶屋街
ひがし茶屋街

 「東の郭」、すなわち国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているひがし茶屋街である。加賀藩はながらく芝居と遊郭は禁止してきたが、文政3年(1820)、町奉行の献策でようやく公許され、現在のような3本の平行街路に茶屋を整然と並べた。天保の飢饉とともに再び禁止されたが、幕末に再興され、明治時代以降、金沢を代表する遊郭となった。

志摩
志摩(国重要文化財)
ツバメの巣
ツバメの巣

 茶屋創設時の姿を保つ建物は志摩だけである。志摩の坪庭や座敷にあがれば、茶屋文化の格調の高さがうかがえる。懐華楼は明治時代以降の修復によって改変されてはいるが、その意匠から明治の花街の贅をつくした遊びの精神がわかる。

茶房 素心
茶房 素心

ひがし茶屋街
ひがし茶屋街

ひがし茶屋街
2014.8.4 金沢(ひがし茶屋街・兼六園)youtube

金沢 ひがし茶屋街

奥能登一周へ 兼六園へ