柳川御花・松濤園・川下り

トップ/旅行あれこれ/福岡県
・大分空港〜高崎山自然動物園〜別府温泉
・別府温泉〜大分的ヶ浜公園〜別府駅〜湯布院駅〜博多駅
・博多駅〜柳川御花・松濤園・川下り〜太宰府天満宮〜博多駅(イルミネーション)
・博多駅〜崇福寺〜博多駅
・博多駅〜福岡城跡〜聖福寺〜東長寺〜櫛田神社〜福岡空港
御花と松濤園
御花と松濤園
国名勝

 御花は柳河藩三代藩主立花鑑虎が、現在地に別荘と池庭をつくり「御茶屋」とよんだことが、現在の御花に連なるといわれている。正面、自亜の西洋館は、明治時代末期に建てられた洋風建築の遺産である。
 松濤園とよばれる庭園は、面積300u、周囲の掘割より水を引いた池は、7つの島に1500個の庭石、14基の石灯籠、280本のマツが配置され、松島(宮城県)を模したものといわれ、冬には、野鴨の群が飛来する柳川観光の中心地である。 

大広間
大広間
大広間
大広間

 松濤園を臨む100畳の大広間は、披露宴会場やパーティーなどに利用されている。

御役間のさげもん(雛のつるし飾り)
御役間のさげもん(雛のつるし飾り)
御役間のさげもん(雛のつるし飾り)
御役間のさげもん(雛のつるし飾り)

 御役間は入母屋造、2階建ての建物で、明治42年に完成した。当初は家政局をはじめ、家従詰所、御膳所、御茶の間、御台所などが設けられ、立花伯爵家住宅におけるバックヤード的な機能を果たしていた。

さげもん(雛のつるし飾り)
2015.1.1 柳川御花・松濤園youtube

西洋館内
西洋館内
うなぎのセイロ蒸し
うなぎのセイロ蒸し

柳川の川下り
2015.1.1 柳川の川下り(雪)youtube

 柳川の川下りは、棹さす船頭の観光案内を聞きながら、柳川城の外堀・中堀をドンコ舟でのどかにめぐる。川下りの魅力は、単なる柳川情緒の見聞だけでなく、柳川城下の名所・旧跡・位置・来歴などが、約1時間余りで把握できることであろう。掘割歴史散歩といえる。

柳川御花・松濤園・川下り

大分的ヶ浜公園へ 太宰府天満宮へ