日本最古の禅寺「聖福寺」

トップ/旅行あれこれ/福岡県
・大分空港〜高崎山自然動物園〜別府温泉
・別府温泉〜大分的ヶ浜公園〜別府駅〜湯布院駅〜博多駅
・博多駅〜柳川御花・松濤園・川下り〜太宰府天満宮〜博多駅(イルミネーション)
・博多駅〜崇福寺〜博多駅
・博多駅〜福岡城跡〜聖福寺〜東長寺〜櫛田神社〜福岡空港
勅使門
勅使門
総門
総門

 境内には,山門や無染池,仏殿の大雄宮殿・鐘楼,堪忍地蔵・本堂・総門,勅使門とつながる博多塀などが立ち並び,典型的な禅寺の伽藍様式を保つ。なお本堂は,修行の場であるため,一般の立ち入りは禁じられている。

博多塀
博多塀

 豊臣秀吉が九州を平定する頃、博多の町は毛利・大友・島津などの諸勢力による相次ぐ合戦で荒廃していた。「博多塀」とは、その焼け跡に残った石や瓦を埋め込んで作った土塀のこと。御供所通り側は上塗りにより見えないが、境内側は禅宗様式の形態をとどめ、周囲の歴史的建造物や樹木の豊かな緑と一体となって、歴史を感じさせる美しい景観を形成している。

堪忍地蔵
堪忍地蔵
無染池
無染池
山門
山門

 開祖千光祖師明庵栄西禅師が源頼朝に願い出て,建久6年(1195)に創建したといわれ,山門に後鳥羽上皇の忌筆と伝えられる「扶桑最初禅窟」の額が掲げられている。扶桑とは日本を意味し,聖福寺が日本最初の禅寺だということを示している。

鐘楼
鐘楼
仏殿の大雄寳殿
仏殿の大雄寳殿

 鐘楼は昭和51年(1976)まで朝鮮鐘(国重要文化財)がかけられていたが 現在は黄鐘調の梵鐘である。

境内
境内
国史跡

 聖福寺の歴代住職のなかで博多っ子から慕われているのが,江戸時代後期に活躍した仙豪`梵である。美濃(硯,岐阜県)出身の仙高ヘ,若い頃から画才に恵まれ,諸国行脚の後,聖福寺の住職となり,62歳で隠棲した後もユーモラスでわかりやすい書画を措き与えて,庶民を導いたという。今でも,「博多の仙高ウん」と親しみを込めてよばれている。

唐門
唐門
開山堂
開山堂

 唐門は宝暦12年(1762)唐門が建設された。
 開山堂は天正17年(1589)耳峯玄熊の中興の際建てられた。

唐門から眺めた開山堂
唐門から眺めた開山堂

聖福寺 (福岡市)散歩
2015.1.3 聖福寺 (福岡市)散歩youtube

瑞應庵
瑞應庵
幻住庵
幻住庵

 幻住庵は延元元年(1336)の創建で、無隠元晦により開山された。以前、那珂郡馬出村(東区馬出)にあったが、天正年間に兵火にかかり焼失。天保3年(1646)、博多の豪商大賀宗九の息子宗伯が、現在地に再建した。

節信院
節信院
順心寺
順心寺

日本最古の禅寺「聖福寺」

福岡城跡へ 東長寺へ