三備一宮 吉備津神社

トップ/旅行あれこれ/岡山県
・姫路駅〜姫路城(大天守)〜姫路城(西の丸)〜岡山城跡〜岡山駅
・岡山駅〜岡山後楽園〜吉備津彦神社〜吉備津神社〜岡山駅

北随神門
北随神門
国重要文化財

 北随神門は、北の参道に位置し、室町時代の再建になる。

拝殿
拝殿
扁額
扁額

 拝殿には「平賊安民」の扁額が揚げられている。

本殿・拝殿
本殿・拝殿
国宝

 御由来は、「古事記」「日本書記」によれば、御祭神・大吉備津彦命は第七代孝霊天皇の皇子と生まれ、第十代崇神天皇の御代、四道将軍の随一として吉備国に下され、当時、当地方にて蛮行を重ね大和朝廷に対抗していた温羅一族を平定し、平和と秩序を築き、この地に宮を営まれて吉備国の人々のために殖産を教え仁政を行い、281才という長寿を似てこの地に薨去せられ吉備の中山の山嶺に葬られました・・・。(パンフレット抜粋)
 本殿及び拝殿は、応永32年(1425)に一体のものとして再建され、棟札2枚とともに国宝に指定されている。本殿は、傾斜地を水平にするために強固な亀腹の基壇を築き、その上に比翼入母屋造・檜皮葺きの2棟を前後に連結した吉備道ともいわれる様式になっており、切妻道の拝殿が直接つく。

廻廊
廻廊
えびす宮
えびす宮

 廻廊は天正10年(1579)の再建で、全長360mにも及び、自然の地形そのままに一直線に建てられている。
 えびす宮は廻廊の途中に位置して、商売繁盛・家業繁栄の神様として岡山県下に有名である。

あじさい園
あじさい園
祈願トンネル
祈願トンネル

 初夏には2500株ほどのアジサイが多くの人々を楽しませてくれる。
 一童社前の祈願トンネルには、沢山の絵馬がぶら下がっている。。

吉備津彦神社・吉備津神社
2015.6.28 吉備津彦神社・吉備津神社
youtube

三備一宮 吉備津神社

吉備津彦神社へ 岡山駅へ