下田歴史散歩
(玉泉寺・最初の米国総領事館)

伊豆急下田駅(伊豆急行線)~下田開国博物館~了仙寺~長楽寺~ぺリーロード~旧澤村邸~ペリー艦隊来航記念碑~宝福寺~弁天島~玉泉寺~吉田松陰寓寄処~伊豆急下田駅(伊豆急行線)
mark玉泉寺(ぎょくせんじ)
本堂
本堂

 大正以前は真言宗の草庵であったのを、天正の初め(1580年代)開山一嶺俊栄大和尚の来錫によって曹洞宗に改宗され、現在に及ぶこと27世430年の歴史を有する古刹である。
 嘉永7年(1854)5月に締結された下田条約により、玉泉寺はアメリカ人の休息所と埋葬所に指定された。

最初の米国総領事館
最初の米国総領事館
ハリス記念碑
ハリス記念碑

 安政3年(1856)、サンジヤシントン号に乗ったタウンゼント・ハリスは下田に入港し、玉泉寺を領事館とした。ハリスの使命は、日本との通商条約の締結にあり、交渉は江戸幕府の引きのばし策もあったが、粘り強いハリスの交渉により、安政5年(1858)に日米修好通商条約が締結された。

ハリス記念館
ハリス記念館
牛乳の碑
牛乳の碑

 ハリスが領事館当時愛用の遺品や関連資料、古文書が展示されている。
 本堂前には、ハリスが体調をくずした時、牛乳を献上したことを記念する牛乳の碑がある。

黒船(ペリー艦隊)乗員の墓
黒船(ペリー艦隊)乗員の墓
露艦ディアナ号乗員の墓
露艦ディアナ号乗員の墓

 本堂脇の山麓には、アメリカ人の墓5基とロシア人の墓3基がたっている。