修学旅行で賑わうグラバー園

トップ/旅行あれこれ/長崎県
九州一周
・羽田空港〜長崎空港〜ハウステンボス〜西海橋〜長崎
・長崎〜オランダ坂〜孔子廟〜グラバー園〜出島和蘭商館跡〜眼鏡橋〜雲仙地獄〜熊本島原フェリー〜熊本
・熊本〜熊本城〜水前寺公園〜仙厳園(磯庭園)〜指宿
・指宿〜開聞岳・池田湖〜知覧の武家屋敷庭園〜特攻平和観音堂〜桜島〜宮崎
・宮崎〜宮崎神宮・平和台公園〜高千穂峡〜神角寺〜久住高原
・久住高原〜阿蘇山(仙酔峡)〜阿蘇神社〜大観峰〜福岡
・福岡〜櫛田神社〜筥崎宮〜東公園〜中洲〜福岡
・福岡〜福岡空港〜帰路の飛行機〜羽田空港
大浦天主堂
大浦天主堂(国宝)
グラバー園
グラバー園

 大浦天主堂は慶長元年(1596)に殉教した26聖人に献じられたもので、西坂殉教地のほうを向いてたてられ、正式には日本二十六聖殉教者天主堂といい、地元ではフランス寺とよばれていた。現存する日本最古の教会であり、洋風建築では唯一、しかももっとも新しく製作された国宝である。

トーマス・グラバーの銅像
トーマス・グラバーの銅像
長崎港
長崎港

 イギリスの貿易商人トーマス・グラバーが上海から長崎にきたのは、長崎開港直後の安政6年(1859)21歳のときであった。大浦にグラバー商会を設立し、貿易商をはじめたグラバーは、薩摩・長州などの西南雄藩に、小銃・天砲・艦船など大量の武器を売りこんで巨利を得た。坂本龍馬の亀山社中とも深いつながりがあった。グラバーはただの武器商人ではなく、尊王討幕運動にも理解があり、薩摩・長州の若い勤王の志士たちを支援し、面倒をみた。母国の立憲君主制にならった、天皇を中心とする新しい近代国家の誕生を期待していた。

旧三菱第2ドックハウスからの眺め
旧三菱第2ドックハウスからの眺め

 旧三菱第2ドックハウスの建物は、明治29年(1896)に作られた典型的な西洋建物で、上下のベランダを8本の柱が支えている。ベランダからは、今から430年以上前に開港した長崎の港、そして正面に素晴らしい夜景が楽しめる稲佐山が見える。

旧ウォーカー住宅
旧ウォーカー住宅
黒船(旧三菱第2ドックハウス)
黒船(旧三菱第2ドックハウス)

 ロバート・ネール・ウォーカーはイングランド出身。明治31年(1898)に長崎でウォーカー商会を設立。日本の海運業に大きな業績を残し、長崎外国人居留地の実業界における中心的人物として活躍した。
 グラバー園は長崎観光の定番コースでもあり、いつ訪れても観光客や修学旅行の団体さんが多い名所の一つである。今日も修学旅行中の中学生を大勢見かけた。

旧グラバー住宅
旧グラバー住宅(国重要文化財)

 グラバーが、わが国最古となる洋風建築であるグラバー住宅をたてたのは、来日4年目の文久3年(1863)である。この住宅を訪れた勤王派の志士たちは多い。長州の高杉晋作・伊藤博文・木戸孝允、土佐の坂本龍馬・岩崎弥太郎、薩摩の五代友厚らといった、そうそうたる顔ぶれである。またグラバーは、伊藤博文・井上馨・五代友厚・寺島宗則・森有礼らのイギリス留学を後援した。グラバーはまた日本の近代化にも貢献している。

修学旅行で賑わうグラバー園

孔子廟へ 出島和蘭商館跡へ