久しぶりの神角寺

トップ/旅行あれこれ/大分県
九州一周
・羽田空港〜長崎空港〜ハウステンボス〜西海橋〜長崎
・長崎〜オランダ坂〜孔子廟〜グラバー園〜出島和蘭商館跡〜眼鏡橋〜雲仙地獄〜熊本島原フェリー〜熊本
・熊本〜熊本城〜水前寺公園〜仙厳園(磯庭園)〜指宿
・指宿〜開聞岳・池田湖〜知覧の武家屋敷庭園〜特攻平和観音堂〜桜島〜宮崎
・宮崎〜宮崎神宮・平和台公園〜高千穂峡〜神角寺〜久住高原
・久住高原〜阿蘇山(仙酔峡)〜阿蘇神社〜大観峰〜福岡
・福岡〜櫛田神社〜筥崎宮〜東公園〜中洲〜福岡
・福岡〜福岡空港〜帰路の飛行機〜羽田空港

 神角寺の奥さんと妻が友人付合い(名古屋で同じ会社勤め)であったで、私の家族が福岡に住んでいた頃には、しゃくなげが咲く季節や真夏の季節など、何回となくお邪魔したお寺です。今回は、やはり妻の友人で2年前に亡くなったHさんの3回忌に合わせて、お墓参りの為神角寺を訪ねることとなった。

仁王門
仁王門

シャクナゲ
シャクナゲ

 仁王門には、運慶の作風を伝える木造金剛力士立像(国重要文化財)が、一対収められている。

神角寺の本堂(国指定重要文化財)
本堂(国重要文化財)

 欽明天皇の時代に、新羅僧によって建立されたが、大友氏の豊後入部にともなう大野泰基との激戦(神角寺合戦)で焼失し、応安2年(1369年)に、大友氏が再興して、6坊を建てたといわれる。その1つ、東の坊が方三間宝形造の現在の本堂である。槍皮葺きの屋根が美しく、軒反りなど、随所に禅宗様式がみられる。

Hさんのお墓(神角寺の奥さんと一緒に)
Hさんのお墓(神角寺の奥さんと一緒に)
阿蘇の山に沈む夕日
阿蘇の山に沈む夕日

 Hさんは生前より神角寺の素晴らしい景観に憧れていたので、今はご本人の意志を継いでこの地に眠っている。

シャクナゲと本堂(4月下旬)
シャクナゲと本堂(4月下旬)

 樹齢100年を超える約500本のシャクナゲがあり、別名石楠花寺とも呼ばれて、4月〜5月の開花期には多くの見物客が訪れる名所となっている。

稚児行列
稚児行列
稚児行列
稚児行列
本堂修復 大師堂新築記念
2008.4.20 大分 神角寺(本堂修復 大師堂新築記念)youtube

久しぶりの神角寺

高千穂峡へ 久住高原へ