日本三大八幡宮の筥崎宮

トップ/旅行あれこれ/福岡県
九州一周
・羽田空港〜長崎空港〜ハウステンボス〜西海橋〜長崎
・長崎〜オランダ坂〜孔子廟〜グラバー園〜出島和蘭商館跡〜眼鏡橋〜雲仙地獄〜熊本島原フェリー〜熊本
・熊本〜熊本城〜水前寺公園〜仙厳園(磯庭園)〜指宿
・指宿〜開聞岳・池田湖〜知覧の武家屋敷庭園〜特攻平和観音堂〜桜島〜宮崎
・宮崎〜宮崎神宮・平和台公園〜高千穂峡〜神角寺〜久住高原
・久住高原〜阿蘇山(仙酔峡)〜阿蘇神社〜大観峰〜福岡
・福岡〜櫛田神社〜筥崎宮〜東公園〜中洲〜福岡
・福岡〜福岡空港〜帰路の飛行機〜羽田空港

 一時期、筥崎宮近くに住んでいたこともあり、よく参拝に出かけた神社である。特に9月の放生会(博多三大祭り)の時には、参道にりんご飴やお好み焼き、焼きイカなどの露店が約700軒も立ち並び、昼夜問わず沢山の人で賑わう。

一の鳥居(重要文化財)
一の鳥居(国重要文化財)

 福岡藩初代藩主黒田長政が慶長14年(1609)に寄進した一の鳥居 や、「観応元年(1350)」銘の石打籠(社伝では千利休の献納となっているが、確証はない)などとともに、国重要文化財となっている。

お潮井
お潮井
ホークスの選手の優勝祈願
ホークスの選手の優勝祈願

 お潮井は、筥崎宮前の海岸の真砂を「お潮井」といってこの砂で身を清め、家の入り口にお くと、禍わいの入ってくるのを防ぎ福を招くと云われている。
 御神木「筥松」の脇に、「ホークスの選手の優勝祈願」の大きな絵馬がかけられていた。

神木「筥松」
神木「筥松」
楼門の「敵国降伏」
楼門の「敵国降伏」

 筥松は応神天皇がお生まれになったときの御胞衣を箱に入れ、この地に納めたしるしとして植えられた松である。
 楼門の敵国降伏は、桜門正面に高々く揚げられてある「敵国降伏」の額の御宸翰は、神佛の加護によって敵国が降伏するようにとの願文である。

箱崎宮 楼門
楼門(国重要文化財)

 筥崎宮(祭神応神天皇・神功皇后・玉依姫命)がある。延長元年(923)に筑前国穂浪郡大分宮(現、飯塚市大分)より現在地に遷座されたと伝えられる。大分県の宇佐八幡宮・京都府の石清水八幡宮とともに、日本三大八幡宮に数えられ、『延書式』神名帳に記載される式内社でもある。
 文永11年(1274)の元冠では筥崎宮は焼失し、現在の本殿と拝殿は大内義隆により天文15年(1546)に再建され、楼門は小早川隆景により文禄3年(1594)に造営されたものである。

日本三大八幡宮の筥崎宮

櫛田神社へ 東公園へ