日光東照宮

・JR日光駅(日光線)~神橋~輪王寺~石鳥居~五重塔~表門~三神庫~神厩舎~鐘楼~陽明門~回廊~唐門~神輿舎~眠り猫と奥社~二荒山神社~大猷院~JR日光駅(日光線)
mark石鳥居(いしとりい)
石鳥居
石鳥居(国重要文化財)

 表参道の正面に大石段と畳1枚分の「東照大権現」の大額を揚げた巨大な石鳥居がある。鳥居手前の石段は「千人桝形」と呼ばれる。バロックの巨匠ベルニーニの設計によるバチカン聖ピエトロ寺院前広場と同様の幾何学的構造で、石鳥居をさらに大きく見せている。

mark五重塔(ごじゅうのとう)
五重塔
五重塔(国重要文化財)
五重塔
五重塔

 高さ約35メートル、総漆塗りの壮麗な五重塔。見た目は不安定だが、吹き抜けの内部に心柱が吊り下げられ、揺れを調整している。初層を飾る十二支の動物と植物は、方角の守りとされている。

mark表門(おもてもん)
表門の彫刻(獏)
表門の彫刻(獏)(国重要文化財)
表門の彫刻(獏)
表門の彫刻(獏)

 京都七粂仏師康晋作の仁王像が安置された表門は、古くは仁王門・総門とよばれた。鉄を食べる獏は、兵器の必要ない平和の時代を象徴する。

mark三神庫(さんしんこ)
下神庫
下神庫

 下神庫・中神庫・上神庫からなる三神庫(国重要文化財)は、東照宮の神事に使う用具が収められている。

中神庫
中神庫
上神庫
上神庫

想像の象(上神庫)
想像の象(上神庫)
想像の象(上神庫)
想像の象(上神庫)

 上神庫側面の妻には、2頭の大きな象の彫刻がある。狩野探幽が想像で下絵を描いたというので想像の象(左)と想像の象(右)と呼ばれている。
 狩野探幽は徳川家康に謁見し、元和3年(1617)から江戸幕府の御用絵師となる。江戸城、二条城などの絵画制作に携わり、大徳寺など有名寺院の障壁画でも活躍。その才能を広く認められた。

mark神厩舎(しんきゅうしゃ)
母子の猿
母子の猿 母親は子供の未来までも考えている

三猿
三猿 子供の内は悪いことは見ない・聞かない・話さない

じっくり
じっくり腰を落ち着けて
これからの人生を考える
若いうち
若いうちは可能性が多い
望みを大きく持って上を見る

崖っぶちに立たされた猿
崖っぶちに立たされた猿
いっかりと足元を見つめる
恋愛中?
恋愛中?
やがて良き伴侶を見つけ結婚することになる

二人で力を合わせれば
二人で力を合わせれば
世の荒波も乗り越えて行ける
妊娠した猿
妊娠した猿
やっと親の苦労が分かる 二世誕生も間近

 神厩舎(国重要文化財)にある8ページの絵本「猿の物語」は、猿の一生が描かれている。中でも「子供の内は悪いことは見ない・聞かない・話さない」の三猿は有名で、ひときわ人気を集めている。

mark鐘楼(しょうろう)
境内
境内

南蛮鉄灯籠
南蛮鉄灯籠(国重要文化財)
鐘楼
鐘楼(国重要文化財)

 南蛮鉄灯籠は、仙台藩主伊達政宗が、ポルトガルからわざわざ鉄材を輸入して鋳造したといわれ、陽明門石垣下にある。境内にある灯籠の中でも最も有名である。
 鐘楼は釣鐘を納める建物。彫刻の種類と数は、鶴・竜・飛竜・麒麟・波など合計78体ある。

mark陽明門(ようめいもん)
陽明門
陽明門(国宝)

 徳川家康の没後、その遺言により元和3年(1617)に創建されたが、20年後の三代将軍徳川家光のときに膨大な資金と労力を投入し、わずか1年5ケ月で現在の社殿に造りかえられた。日光は江戸の真北に位置し、陰陽道の「風水」によれば、江戸を守る重要な役割をもつ神聖な場所であった。そして、真北の奥社には家康が眠っている。

随身像
随身像

獅子像
獅子像
獅子像
獅子像

陽明門
陽明門

周公聴訴
周公聴訴

孔子観河
孔子観河
周公聴訴
周公聴訴

琴棋書画の琴
琴棋書画の琴
琴棋書画の棋
琴棋書画の棋

琴棋書画の書
琴棋書画の書
琴棋書画の画
琴棋書画の画

mark回廊(かいろう)
回廊
回廊(国宝)

 陽明門の両脇に連なる左右の回廊には、見事な花鳥の彫刻が飾られている。

花鳥の透かし彫り彫刻
花鳥の透かし彫り彫刻

花鳥の透かし彫り彫刻
花鳥の透かし彫り彫刻
花鳥の透かし彫り彫刻
花鳥の透かし彫り彫刻

花鳥の透かし彫り彫刻
花鳥の透かし彫り彫刻
花鳥の透かし彫り彫刻
花鳥の透かし彫り彫刻

花鳥の透かし彫り彫刻
花鳥の透かし彫り彫刻
花鳥の透かし彫り彫刻
花鳥の透かし彫り彫刻
東照宮
2007.6.17 新緑の日光(輪王寺・東照宮・二荒山神社)
youtube

 奥社に通じる坂下門手前に、代表的な木彫「眠り猫」がある。

眠り猫
「眠り猫」 左甚五郎の手による唯一の彫刻

 陽明門造営の彫刻師の棟梁、左甚五郎の手になると伝わる。「不浄なものは鼠1匹通さない」と解釈されてきたが、害をなす鼠がいないから眠っているとみる説もある。家康によってもたらされた平和を象徴しているのかもしれない。

竹と雀
眠り猫の裏側に彫られた「竹と雀」

mark神輿舎(しんよしゃ)
神輿舎
神輿舎(国重要文化財)

 神輿舎には、東照宮の例大祭である千人行列で用いられる徳川家康豊臣秀吉源頼朝の3基の神輿が納められている。

家康公の神輿
家康公の神輿

秀吉公の神輿
秀吉公の神輿
頼朝公の神輿
頼朝公の神輿

mark唐門(からもん)
唐門
唐門(国宝)

 白い胡粉塗りの唐門は、中国古代の帝王舜帝の朝見の様子を描いた彫刻や、唐破風上におかれた霊獣恙の金工が目を引く。柱に昇り龍、降り龍の彫刻が施されるなど工芸品のような美しさがある。

舜帝朝見の儀
舜帝朝見の儀

舜帝像
舜帝像

mark坂下門(さかしたもん)
坂下門
坂下門(国重要文化財)

 奥社に通じる坂下門は、江戸時代は将軍しか入れなかった「開かずの門」。全体に胡粉を塗った清楚な感じだが、柱や天井を飾る金具は七宝焼。欄間には鶴、腰羽目には牡丹と唐草模様の彫刻がある。

mark奥社(おくしゃ)
現在の奥社鳥居
現在の奥社鳥居
旧奥社鳥居
旧奥社鳥居(国重要文化財)

 奥社の鋳抜門・鳥居は、現在の銅製になる前は石造りの唐門・鳥居だった。慶安年間に連続しておきた地震によって被害にあい、造り替えられたと推測されている。 取り壊された石造りの門と鳥居は、奥社の山中に埋められていたが、昭和42年(1967)にそれらを発掘、現在は東照宮宝物館の脇に復元されている。

奥社への参道
奥社への参道
奥社拝殿
奥社拝殿(国重要文化財)

 奥社拝殿は建物全体を真鍮や銅の板で覆い、その上から黒の漆が塗ってある。黒一色の地味な外観に対して、内部は金箔の柱、極彩色の鳳凰-ほうおう-など豪華な仕様になっている。

鋳抜門
鋳抜門

 東照宮の最奥部には、東照宮の祭神である徳川家康の宝塔がある。宝塔は高さ5m余、八角九段の石段の上に立てられ、朝鮮国から贈られた鶴のローソク立てなとが置かれている。その前には葵の紋がついた鋳抜門がある。

宝塔
宝塔(国重要文化財)

 宝塔は、東照宮の最奥部には、東照宮の祭神である徳川家康の宝塔がある。宝塔は高さ5メートル余、八角九段の石段の上に立てられ、朝鮮国から贈られた鶴のローソク立てなとが置かれている。その前には葵の紋がついた鋳抜門がある。