日光山輪王寺

トップ/旅行あれこれ/栃木県
・JR日光駅(日光線)〜神橋〜輪王寺〜石鳥居・五重塔・表門〜三神庫・神厩舎・鐘楼〜陽明門・回廊〜唐門・神輿舎〜眠り猫と奥社〜二荒山神社〜大猷院〜JR日光駅(日光線)
日光輪王寺 本堂(三仏堂)
本堂(三仏堂)
(国重要文化財)(世界遺産)

 東日本最大級の木造建造物。天台宗の大寺で、山号は日光山という。最初、勝道上人の草庵が四本竜寺となり、平安時代に満願寺の勅号を賜った。徳川家の庇護を受けて繁栄し、後水尾上皇から輪王寺の寺号を賜る。

金剛桜
金剛桜
(国天然記念物)

護摩堂
護摩堂

 本堂(三仏堂)のほか、大猷院廟、開山堂、慈眼堂などの堂宇が、広大な山内に散在している。本堂は、金色の寄木細工で本邦屈指の木彫大座像仏といわれる千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音の三仏を祀る。本堂前の広場には金剛桜が植えられている。

日光山輪王寺

神橋へ 石鳥居・五重塔・表門へ