増上寺~芝公園~芝東照宮~宝珠院
(大門)

大門駅(都営浅草線)~増上寺~芝公園~芝東照宮~宝珠院~大門駅(都営浅草線)
mark増上寺(ぞうじょうじ)
三解脱門
三解脱門(国重要文化財)
大殿
大殿

 三解脱門(三門)は、元和8年(1622年)に再建された、増上寺が江戸の初期に大造営された当時の面影を残す唯一の建造物で、国重要文化財に指定されている。三解脱門とは三つの煩悩「むさぼり、いかり、おろかさ」を解脱する門のこと。建築様式は三戸楼門、入母屋造、朱漆塗。唐様を中心とした建物に、和様の勾欄などが加味され、和唐折衷の美しさを見せている。上層部(楼上)には、中央部に釈迦三尊像、脇壇に十六羅漢像が安置されている。
 増上寺は浄土宗大本山の念仏の根本道場として、あらゆる儀式法要が行えるよう斬新な設計で、昭和49年(1974)、戦災に遭い焼失した本堂が再建されました。「大殿」と称し、石段を登りきった二階に本堂、三階に道場、一階に檀信徒控室、地下に三縁ホールなどを備えている。本堂には、ご本尊の阿弥陀如来(室町期作)は、両脇壇に高祖善導大師と宗祖法然上人の御像が祀られ、参拝される方々の厚い信仰をあつめている。

鐘楼堂と枝垂れ桜
鐘楼堂と枝垂れ桜
法然上人のお歌
法然上人のお歌

 大梵鐘は、延宝元年(1673)、品川御殿山で椎名伊予守によって鋳造されたもので、高さ一尺(約3m)、重さ四千貫(約15t)の大梵鐘。時の四代将軍徳川家綱の命により、奥方のかんざしなど多くの寄付を集めて江戸で始めて造られた鐘である。この大梵鐘は、木更津まで響いたといわれ、江戸庶民に親しまれ、多くの川柳を生んでいる。
 今鳴るは 芝か上野か 浅草か
 江戸七分 ほどは聞こえる 芝の鐘

2011.3.27 芝公園・増上寺youtube

安国殿
安国殿
光摂殿
光摂殿

 安国殿は旧堂宇の老朽化に伴い、平成23年(2011) 法然上人八百年御忌を記念し、念仏信仰の拠点として徳川家康が成し遂げた天下泰平の世(安らかな国づくり)を願い、平成22年(2011)、新しい 安国殿が建立された。堂内には、恵心僧都の作と伝えられる秘仏黒本尊が祀られている。黒本尊は家康公が深く尊崇し、そのご加護により度重なる災難を除け、戦の勝利を得たという霊験あらたかな阿弥陀如来像で、勝運・厄除けの仏様として江戸時代以来、広く人々の尊崇をあつめている。
  光摂殿は平成12年(2000)、「心を洗い、生きる力を育てる」ための講堂、道場として、 光摂殿が完成した。その大広間の格天井には、日本画壇の画伯方が精魂込めて描かれた草花図が奉納されて嵌め込まれ、百華となって花開きます。その天井絵は二十一世紀への美術遺産として伝えつがれ、集う人に計り知れない功徳となることでしょう。

西向観音
西向観音
千射子育地蔵尊
千射子育地蔵尊

 西向観音は、現在三康図書館のある場所にあった観音山に西に向けて安置されていたもので、現在の正則中学校あたりにあった地蔵山に東向きに安置された四菩薩像とともに、その間を通る街道を見下ろす形をとっていました。将軍家の菩提所である増上寺は格式が高く、庶民には近寄り難いところもありましたが、この像は 安国殿に安置されている黒本尊とともに多くの庶民の信仰の対象として今に続いいる。
 千射子育地蔵尊は、子育て安産に霊験あらたかとされる 西向観音にちなみ、子供の無事成長、健康を願い昭和50年(1975)より順次奉安されている。

千射子育地蔵尊
徳川家霊廟
四菩薩像
四菩薩像

 戦前、旧徳川将軍家霊廟は御霊屋とも呼ばれ、当時の最高の技術が駆使された厳粛かつ壮麗な霊廟が 増上寺大殿の南北に建ち並んでいました。しかし、昭和20年(1945)の空襲で大半が消失し、その後現在地に改葬された。徳川将軍家墓所には、二代将軍徳川秀忠・お江夫妻、六代将軍徳川家宣夫妻、七代将軍徳川家継、九代将軍徳川家重、十二代将軍徳川家慶、十四代将軍徳川家茂皇女和宮将軍生母側室等の墓所がある。
 四菩薩像は、もとはこの場所の北西、地蔵山に安置されていた。 西向観音像に対し東向きであった。正嘉2年(1258)の作と伝えられる古像である。

貞恭庵
貞恭庵
圓光大師堂
圓光大師堂

 貞恭庵は、十四代将軍徳川家茂御正室、皇女和宮ゆかりのお茶室。昭和55年(1980)に移築・改修した。一般公開している。
 圓光大師堂は、宗祖 法然上人八百年御忌を記念し、総本山智恩院門跡第八十六世中村康隆猊下と当山法王第八十七世成田有恒台下との尊い結縁が実を結び、去る平成18年(2006)11月25日、智恩院より 法然上人の御廟の御浄砂を拝領しました。御浄砂を成田台下は御身柄と命名、この法縁を承け奉安する御堂の建立を発願し、平成21年9月に竣工した。
 御身柄は内陣奥の特別な厨子に径筒型の五輪塔に納められ奉安されている。建築様式は木造平屋建、妻入入母屋造、軒唐破風付放し向拝の意匠を施した和様の伝統建築であり、身体と心を養う念仏道場として解放している。

桜と東京タワー
桜と東京タワー
東京タワー
東京タワー

 東京タワーは、昭和33年(1958)10月14日竣工、同年12月23日に完工し、東京のシンボル・観光名所として知られる。大展望台1階(145m)には展望カフェ「カフェ ラ・トゥール」やClub333特設ステージがある。大展望台2階(150m)は、黒とグレーを基調にしたシックな雰囲気が東京の景色を一層引き立たせる。そして、特別展望台(250m)は、未来や宇宙の浮遊感覚をイメージさせるSF的な空間演出を施してある。

mark芝公園(しばこうえん)
芝公園と東京タワー
芝公園と東京タワー
徳川秀忠旧霊廟惣門
徳川秀忠旧霊廟惣門 (国重要文化財)

 芝公園は日本で最も古い公園の一つ。明治6年の太政官布達によって、 上野浅草深川飛鳥山と共に芝の5カ所が、日本で最初の公園として指定された。当初は増上寺の境内を含む広い公園でしたが、戦後の政教分離によって境内の部分が除かれ、環状の公園になった。
 旧台徳院霊廟惣門は、寛永9年(1632)三代将軍 徳川家光が建てた二代将軍 徳川秀忠の墓所いわゆる南廟の正門。入母屋唐破風、鋼板葺き。三間一戸八脚門朱塗り和様建築。同廟の勅額門御成門丁字門は狭山不動尊に移された。なお安置の像は仁王像である。

仁王像・吽形
仁王像・吽形
仁王像・阿形
仁王像・阿形

 旧台徳院霊廟惣門の左右に安置されて寄木造り、砥粉地彩色の 仁王像で、方形の台座に乗った岩坐の上に立っている。本像は18世紀前半までには江戸の仏師によって制作されたと推測され、江戸時代の仁王像として破綻のない作行きを示す貴重な作品である。
 平成16から17年に行われた修理の際に、体内から修理銘札が発見され、元は埼玉県北足立郡戸塚村(現在の川口市西立野)の西福寺(真言宗)仁王門に安置されていたもので、寛政元年(1789)弘化3年(1847)の二度にわたり修理が行われていることがわかった。さらに安政2年(1855)の暴風で破損したまま同寺の観音堂の片隅に置かれていたものを、昭和23年(1948)同寺三重塔の修理と同時期に三度目の修理が行われた後で、浅草寺に移されたことも記載されている。その後の経緯は詳らかではありませんが、昭和33年ごろまでにはこの惣門に安置されたと考えられる。

伊能忠敬測量偉功表の碑
伊能忠敬測量偉功表の碑
丸山
丸山

 伊能忠敬は、延享2年(1745)上總國に生れて下總國佐原の伊能家を嗣ぎ村を治めて後50歳の時江戸に出て高橋至時のもとで天文暦數の學を究めた先生の卓見と創意とによる測地測量は1800年の蝦夷地奥州街道の實測を始めとして全國津々浦々にまで及び文政元年(1818)江戸八丁堀で74歳をもって歿するまで不屈の精神と不断の努力とによって續けられわが國の全輪郭と骨格とが茲に初めて明らかにされるに至った。
  丸山には、丸山貝塚と芝丸山古墳の遺跡が残っている。丸山貝塚は、芝公園内の丸山と呼ばれる丘陵の東南斜面に貝層が残存している。まだ正式の学術調査が行われず、古くから著名なわりにその内容が明らかでない。 表面的な観察によると、ハイガイ、ハマグリなどの海水産の貝殻から成るものと思われるが、従来文化遺物が発見された事実から、縄文時代後期の貝塚と考えられるにとどまる。芝丸山古墳は、全長106m前後、後円部径約64m、前方部前端幅約40m、くびれ部幅22mほどの、都内最大級の規模をもつ前方後円墳である。標高16mの台地端に位置し、前方部を南々西に向けている。

ザ・プリンス パークタワー東京
ザ・プリンス パークタワー東京
東京タワー
東京タワー

プリンス芝公園
プリンス芝公園

mark芝東照宮(しばとうしょうぐう)
芝東照宮
芝東照宮
社殿
社殿

 当宮御祭神は、 徳川家康の生前自ら駿府城に於いて祭儀をなされた寿像である。元和2年(1616)4月17日公の薨去の際、公より「像を増上寺に鎮座させ永世国家を守護なさん」と仰せられ翌年3月、現在地に社殿(安国殿)が創建された。明治以降、神仏分離令により芝東照宮となった。
 旧社殿は、権現造りで国賓になったが先の戦火で焼失し、現在の社殿は、昭和44年完成する。公の御神徳による東都を鎮護する代表的なお寺である。例大祭は4月17日に行われる。

mark宝珠院(ほうじゅいん)
宝珠院
宝珠院
弁財天
弁財天

 三井寺の開山智証大師が、858年竹生島で奇縁に依り彫られ、その後、源家に伝わり再興に当り源頼朝深く信仰し天下を平定される。また、徳川家康も厚く信仰され天下の平和を築かれ除波弁財天と改称された。

東京・芝 とうふ屋うかい
東京・芝 とうふ屋うかい
東京・芝 とうふ屋うかい
東京・芝 とうふ屋うかい

 東京タワー下には、名物の「豆水とうふ」で知られる 東京・芝 とうふ屋うかいがある。

⇒ 新橋周辺 ウォーキングマップ