浅草寺散歩(浅草寺・五重塔・伝法院)
(浅草)

浅草駅(都営浅草線)~浅草寺~伝法院~浅草駅(都営浅草線)
mark浅草寺(せんそうじ)
雷門
雷門

 浅草寺の総門で、寺伝では天慶5年(942)平公雅による創建で、現在地より南の駒形にあったと伝える。江戸時代数度の火災と再建があり、寛政7年(1795)再建のものが慶応元年(1865)に焼失したあと長く失われたままであった。昭和35年(1960)、95年ぶりにコンクリート寺伝では造の切妻造で再建された。正しくは右の風神像、左の雷神像にちなんで風雷神門というが、江戸時代からすでに雷門と称されてきた。

仲見世通り
仲見世通り
宝蔵門
宝蔵門

 浅草仲見世は、雷門から宝蔵門に至る約140mの、道路両側の商店街の総称である。道路に切石を敷き、86軒の店が連なり、雷おこし、紅梅焼、はじき豆、玩具、絵草紙、化粧品、小間物を所狭しと並べたてている。
 宝蔵門は、仁王門と浅草寺宝物の収蔵庫を兼ねた建物である。鉄骨鉄筋コンクリート造、外観は重層の楼門で、アクリル樹脂仕上げ、高さ21.7m、間口21.1m、奥行きは8.2m.ある。下層の正面左右に新刻の仁王尊像を安置し、その裏手に階段室、下層上部の中2階に展示室と防湿防火用の機械室を設け、上層の収蔵庫に国宝の法華経と重要文化財の元板大蔵経を収めてある。

観音堂(本堂)
観音堂(本堂)

 「時は飛鳥時代、推古天皇36年(628)3月18日の早朝、漁師の檜前(ひのくま)兄弟が隅田川より、はからずも一躰の観音さまのご尊像を感得、土師氏が奉安した・・・」浅草寺縁起の冒頭部分である。この時我々衆生を救うべくご出現なされた観音さまをお祀りするのが、浅草寺の根本のお堂である観音堂(本堂)である。また縁起には、「天より百尺ばかりの金龍が舞い降りて、観音さまをお守りした」とある。浅草寺の山号「金龍山」の由来である。多くの参詣者を迎え続け、観音民衆信仰の中心道場となっているのである。
 浅草寺ご本尊の観音さまは、とても慈悲深い仏さまであり、人々の苦しみを見てはその苦しみを除き、願いを聞いては希望をかなえて楽しみを与えてくださる。そのご利益・ご霊験は古今無双であり、ご示現より今日まで、1400年にわたり計り知れぬほどの人々を救われご加護をされてきた。日本三大観音の1つである。(浅草観音、大須観音、津観音)

二天門
二天門(国重要文化財)

 二天門はその随身門であった。その東照宮は寛永8年(1631)と同19年の再度の火災に、浅草寺の他の諸堂と共に焼失して、江戸城内の紅葉山に移されたが、随身門のみは炎上を免れた。明治初年神仏分離令によって、随神像は、仏教を守護する四天王のうち東方と南方の守護者である持国天・増長天二天に変わり、門の名も二天門と改称された。
 現在安置の像は昭和32年、寛永寺の四代将軍徳川家綱(厳有院)霊廟勅額門から移したもので、慶安年間(1648~52)の作である。

弁天堂
弁天堂
時の鐘
時の鐘

 弁天山と呼ばれる小丘の上に立つこのお堂は、昭和58年に再建されたもの。ご本尊は白髪のため「老女弁財天」といわれる。関東三弁天(神奈川県江の島・千葉柏市布施と合わせ)の一つとされ、小田原北条氏の信仰が篤かった。
 時の鐘楼の鐘は、元禄5年(1692)五代将軍徳川綱吉改鋳の江戸時代の「時の鐘」として、芭蕉の句『花の雲 鐘は上野か浅草か』で有名。現在は、毎朝6時に役僧が撞き鳴らし、大晦日には「除夜の鐘」が点打される。

二尊仏
二尊仏
影向堂
影向堂

 「濡れ仏」の名で世に知られるこの二尊仏は、観音(右)、勢至(左)二菩薩の金銅坐像で、像の高さは共に2.36m、蓮台を含めれば4.54mにおよぶ。蓮弁台座銘によれば、願主は上野国(群馬県)館林在大久保村の高瀬善兵衛、かって奉公した日本橋伊勢町の米問屋成井家より受けた恩を謝し、観音像は、旧主善三郎の菩提を弔うため、勢至像はその子次郎助の繁栄を祈るため、貞享4年(1687)8月に造立した。
 影向堂は、もと本堂南東にあったものを、平成6年に浅草寺中興開山円仁(慈覚大師)さまのご生誕千二百年を記念して、現在地に再建されたもので、観音さまのお説法やご活躍に不断に讃嘆協力されている仏さま方「影向衆」をおまつりしているお堂である。

六角堂
六角堂
淡路堂
淡路堂

 木造で単層の六角造り瓦ぶき形式で、建物中央の直径は1.82mあり、一面の柱真々は0.9mである。建物の基礎は、六角形状に廻した土台を布石の基礎で支え、その下部に11段の石積みをした1.5m余りの井戸上の穴が掘られている。六角堂という特異な形式であり、都内においては遺例の少ない建造物で、貴重な文化財である。もとは東方21.8mの場所(現・影向堂の南基壇上に元位置の表示あり)に建っていたが、平成6年10月境内整備のためにここに移された。
 淡路堂は昭和30年(1955)までは浅草寺の仮本堂であった。堂内には本尊阿弥陀如来坐像、向かって左に淡島神の本地仏とされる虚空蔵菩薩像を安置する。

九代目市川團十郎像(復元)
九代目市川團十郎像(復元)
映画弁士塚
映画弁士塚

 大正8年(1919)、江戸歌舞伎ゆかりの地浅草の 浅草寺境内に、劇聖と謳われた明治の名優九代目市川團十郎の歌舞伎十八番「暫」の銅像が作られた。この銅像は 近代彫塑の先駆者新海竹太郎氏の傑作であり、歌舞伎の象徴として全國の人々から親しまれていた。ところが第二次世界大戦中の昭和19年11月30日金属類回収のため、この「暫」の銅像も供出の命を受け、40余年を経た。
 明治、大正の活動写真全盛時代の弁士100余名の名が、高さ2.5m、幅3.4mの碑石全面に刻まれ、徳川夢声、生駒雷遊など、懐かしい名が思い出されてくるのである。

五重塔
五重塔
五重塔
五重塔

 五重塔は、天慶5年(942)、平公雅によって創建されたをはじめとする。その後、数度倒壊に遭うも、その都度再建された。三代将軍徳川家光によって再建された国宝五重塔も、昭和20年3月の戦災によって惜しくも焼失した。以来、浅草寺は十方各位のご信助を得て、また新たにスリランカ国の王位寺院より「聖仏舎利」を勧請(五重塔最上層に安泰)し、昭和48年に現在の五重塔を再建するに至った。地上からの高さは約53mある。

mark伝法院(でんぽういん)
伝法院庭園と五重塔
伝法院庭園と五重塔(国名勝)

 伝法院は浅草寺の院号で、住職の居住する本坊の称号に用いられている。諸建物のうち、客殿・玄関・使者の間・大台所の一部は、安永6年(1777)の建造である。そのうち客殿には本尊阿弥陀如来像を安置し、6月の山家会(伝教大師の忌日法要)、11月の霜月会(天台大師忌日法要)をはじめ、個人の追善供養、寺内僧侶の修業などが行われる。
 伝法院庭園は、寛永年間(1624~44)に幕府の作事奉行を勤め茶人として有名である小堀遠州によって築庭されたといわれる。約一万平方メートルものこの庭園は、回遊式庭園として、園内を逍遥すれば一歩一歩その景観を異にする。

伝法院
伝法院
東京スカイツリー
東京スカイツリー

大書院
大書院
天祐庵
天祐庵

 明治4年(1871)再建された、浅草寺本坊伝法院の書院の一つ。上の間・中の間・下の間に分かれる。江戸時代、浅草寺は法親王様のご兼帯寺であり、法親王様ご来寺の際には、大書院の間にてご休憩なされた。
 天祐庵は天明年間(1781~89)に、名古屋の茶人牧野作兵衛によって、表千家宗左邸内の不審庵(安土桃山時代に千利休によって造られた)を模して建てられたもので、その実体を伝えている点では最古といえる。戦後に五島慶太翁と浅草寺婦人会の尽力によって奉納移築された。

⇒ 浅草周辺 ウォーキングマップ