隅田公園の桜まつり
(浅草)

浅草駅(都営浅草線)~吾妻橋~言問橋~山谷堀公園~桜橋~浅草駅(都営浅草線)
mark隅田公園(すみだこうえん)
桜まつり
桜まつり

 隅田川の吾妻橋・ 桜橋間は、江戸時代から桜の名所。 隅田公園の桜は約670本。隅田川の屋形船から両岸の桜並木を眺める風流な花見も楽しめる。

隅田公園(台東区側)
隅田公園(台東区側)
吾妻橋
吾妻橋

 隅田公園は、 隅田川を中心に、昭和6年(1931)完成した台東区(花川戸、浅草、今戸) と墨田区(向島1、2、5)の両岸にまたがる臨水公園で、台東区側は、吾妻橋際の昔の一銭蒸気から続いている水上バス発着点。公共施設としては 今戸橋際の隅田プール、テニスコート、 スポーツセンター、陸上競技場、野球場などがあり、その面積は9万2400平方メートルに及んでいる。
 吾妻橋は江戸時代前半には橋はなく、 竹屋の渡しがあったが、安永3年(1774)花川戸・下谷の町人の願い出によって橋が完成し、大川橋と呼ばれたくこのあたりから下流の隅田川を江戸時代には大川といった)。この橋は、武士以外の通行人から渡し賃2文ずつを徴収する民営の橋であった。現在の吾妻橋は昭和3年(1928)に完成したもので、西詰め北側には隅田川遊覧の水上バス発着所がある。

言問橋
言問橋
言問橋の縁石
言問橋の縁石

 隅田川にかかる 言問橋は昭和3年(1928)の完成で、その名は『伊勢物語』の中に出てくる在原業平の有名な和歌「名にしおはばいざ言問はん都鳥……」に由来する。ここに置かれているコンクリート塊は、平成4年(1992)言問橋の欄干を改修した際に、その基部の 縁石を切り取ったものである。昭和20年3月10日、東京大空襲のとき、言問橋は猛火に見舞われ。大勢の人が犠牲となった。

東京大空襲戦災犠牲者追悼碑
東京大空襲戦災犠牲者追悼碑
花の碑
花の碑

 隅田公園のこの一帯は、昭和20年(1945)3月10日の東京大空襲等により亡くなられた数多くの方々を仮埋葬した場所である。第二次世界大戦中の空襲により被災した台東区民は多数に及んだ。亡くなられた多くの方々の遺体は、区内の公園に仮埋葬され、戦後だびに付され東京都慰霊堂に納骨された。
 武鳥羽衣作詞、滝廉太郎作曲の唱歌「花」を記念して、昭和31年(1956)1月3日建てられ、碑には「春のうらゝのすみた河 上り下りのふな人が かいのしつくも花と散る 眺めをなにゝたとふへき」の詩が羽衣の自筆で刻まれている。

桜橋
桜橋
桜満開
桜満開

 昭和60年(1985)に完成したⅩ字型の歩行者専用の 桜橋がある。対岸の木立の中に見える屋根は待乳山聖天で、かってはこの両岸をつないで 竹屋の渡しがあった。

竹屋の渡し跡
竹屋の渡し跡
東京スカイツリー
東京スカイツリー

 竹屋の渡し跡は隅田川にあった渡し舟の一つ。山谷堀口から向島三囲神社の前あたりを結んでいた。明治40年(1907)刊『東京案内』には「竹屋の渡」とあり、同年発行『東京市浅草全図』では山谷堀入口南側から対岸へ船路を描き『待乳ノ渡、竹家ノ渡トモ云』と記しており、「竹屋の渡」とも、あるいは「待乳の渡」とも呼ばれたようである。「竹屋」とは、この付近に竹屋という船宿があったためといわれ、「待乳」とは待乳山の麓にあたることに由来する。

2013.3.23 隅田公園桜まつりyoutube

mark山谷堀公園(さんやぼりこうえん)
山谷堀公園
山谷堀公園

 公園には山谷堀を示すものとして、 今戸橋、聖天橋、吉野橋、正法寺橋、山谷堀橋、紙洗橋、地方新橋、地方橋、日本堤橋と、かっての橋梁に取り付けられていた銘板が残されているが、正法寺橋跡際にある正法寺の毘沙門は、昔は縁日で栄えその夜店は言問橋際から寺内にまで延々と続いたといわれる。毘沙門はこて造りだが、なかなかの優品ゆえ拝見されるといい。
 東浅草一丁目4番と5番を結ぶ紙洗橋跡は、浅草紙(おとし紙に使用)製造の名残りの名称だし(文化、文政の頃名づく)、浅草紙のすき職人が、紙を山谷堀につけて冷やし、そのさめるちょっとの間に吉原見物をすませたので、「ひやかし」の語源が生まれたりした。

今戸橋
今戸橋
飛び交うカモメ
飛び交うカモメ

 現在の今戸橋は、欄干のみが残っている。今戸は、江戸時代以来今戸焼で知られてきた。一説には、天正年間(1573~92)に下総国(千葉県)の千葉氏の家臣が姶軌貞享年間(1684~88)に白井半七が基礎を固めたという。瓦のほか、招き猫・蚊遣・火鉢など、庶民生活に欠かせぬ素朴な焼物が中心であった。

mark墨田区役所(すみだくやくし)
勝海舟の銅像
勝海舟の銅像
勝海舟の銅像
勝海舟の銅像

 勝海舟は、旗本の子として生まれたが、幼少期より剣術を修め、蘭学・兵学を学んだ。嘉永6年(1853)年、ペリーが開国を要求してくると、老中阿部正弘は、意見を諸大名から町人に至るまで広く求めた。このとき海舟の書いた海防に関しての意見書が正弘の目にとまり、海舟は、幕府海防掛の大久保忠寛を通じ、幕政参加への足がかりを得た。

⇒ 浅草周辺 ウォーキングマップ