東叡山寛永寺史跡めぐり
(上野)

上野駅(JR山手線)~寛永寺~上野駅(JR山手線)
mark寛永寺(かんえいじ)
根本中堂
根本中堂

 江戸時代の寛永寺(天台宗)は、上野の山一体の広大な寺地を有する36ケ院の総称であった。その本坊は、寛永2年(1625)天海(慈眼大師)を開山として創建された。関東の比叡山たる東叡山の山号を川越の喜多院から移して、江戸城の鬼門(東北)を鎮護する祈祷所とした。さらに、慶安年間に延暦寺の例にならって寺号を年号によるという勅許を得て、創建時の年号「寛永」をとって寛永寺とした。

虫塚
虫塚
勅額「瑠璃殿」
勅額「瑠璃殿」

 虫塚は、伊勢(現、三重県)長島藩主である増山雪斎の遺志により、写生に使った虫類の霊をなぐさめるため、文政4年(1821)に建てられたものである。

特別参拝者の皆さん
特別参拝者の皆さん
鬼瓦
鬼瓦

三葉葵紋
三葉葵紋
特別拝観パンフレット
特別拝観パンフレット

 特別参拝では、根本中堂にて法楽の後、徳川将軍御霊廟を担当の方が説明しながら案内していただけます。(申込は、書面による申込み、約1時間30分)
 拝観場所は、常憲院殿(五代綱吉公)・有徳院殿(八代吉宗公)・温恭院殿(十三代家定公)・天璋院殿(十三代御正室)などがある。

徳川綱吉(常憲院)霊廟勅額門
徳川綱吉霊廟勅額門 (国重要文化財)

 五代将軍徳川綱吉は、延宝8年(1680)5月に兄・四代将軍徳川家綱の死に伴って将軍の座につき、宝永6年(1709)1月10日に63歳で没した。法名を常憲院という。綱吉ははじめ、善政を行い「天和の治」と讃えられたが、今日では「生類憐れみの令」などを施工した将軍として著名。
 元禄11年(1698)9月、この綱吉によって竹の台に寛永寺の根本中堂が建立された。造営の奉行は柳沢吉保、資材の調達は紀之国屋門左衛門と奈良屋茂左衛門である。叉、それによって先聖殿(現、湯島聖堂)が上野から湯島に移されている。

霊廟勅額門
霊廟勅額門
徳川家綱(厳有院)霊廟勅額門
徳川家綱霊廟勅額門(国重要文化財)

 四代将軍徳川家綱は、慶安4年(651)4月父・家光の死に伴って、わずか10歳で将軍の座につき、延宝8年(1680)5月8日に39歳で没した。法名を厳有院という。病気がちであった家綱時代の政務は、主として重臣の手に任されていたが、とくに後半の政治を担当した大老・酒井忠清が有名である。時代は家綱の襲職直後に起こった由井正雪の乱の解決を機に、ようやく安定期に入った。

開山堂(両大師)
開山堂(両大師)

 国立博物館の東側に、両大師がある。平安中期の天台座主良源(慈恵大師)を祀る慈恵堂を移した現在の本堂(寛政4年(1792)再建)と、寛永寺の開山天海(慈限大師)を祀る開山堂(天明元年(1781)再建)があることから、両大師と呼ばれている。正保元年(1644)建造の奥の院には、木造天海僧正坐像が安置されている。

山門
山門
阿弥陀堂
阿弥陀堂

青銅灯籠
青銅灯籠
銅鐘
銅鐘

 境内の青銅灯籠と銅鐘は、ともに徳川家光(大猷院)霊廟に奉納されたものである。

御車返しの桜
御車返しの桜
幸田露伴旧宅の門
幸田露伴旧宅の門

 この桜は、1本の木に一重と八重の花が同時に咲く。後水尾天皇が京の寺で花見を終えた帰路、花の余りの美しさに牛車を返して、再びご覧になったことから、この名前がある。
 明治の文豪幸田露伴(1867~1949)の旧宅の門で、谷中にあったものを移築したものである。瓦葺の簡素な腕木門で、柱と梁、垂木など総て丸太造で、明治期のしもた(仕舞屋)の風情をよくとどめている。露伴は下谷生まれで、代表作『五重塔』の主人公『のっそり十兵衛』は、現寛永寺根本中堂を手がたけた大工の棟梁をモデルにしたものだといわれている。

寛永寺旧本坊表門
寛永寺旧本坊表門(国重要文化財)

 両大師堂の東側の黒塗り山門は、寛永寺旧本坊表門が移建されたもので、かつては国立博物館の正門の位置にあり、博物館の表門として使われていたことがある。上野戦争で奇跡的に焼け残ったが、弾痕の跡が数多く見られる。

清水観音堂
清水観音堂(国重要文化財)

 清水観音堂は、京都東山の清水寺を模した舞台塗りのお堂で、寛永8年(1631)天海により建立された。また、御本尊も 天海が清水寺より恵心僧都作の千手観音像を迎え秘仏となっている。

人形供養塔
人形供養塔
秋色桜
秋色桜

 堂内右手の子育観音は、古くから子授けの信仰を集め、子供が授かると丈夫に育つようにと人形を奉納し供養されてきたが、現在では家庭で愛されせくなった人形に感謝し供養する為にも多くの方々が持参されている。観音堂の裏手には、人形供養塔が建立されている。
 観音堂の裏手には、「秋色桜」と呼ばれる妓垂れ桜がある。

時の鐘
時の鐘
天海僧正毛髪塔
天海僧正毛髪塔

 花の雲 鐘は上野か 浅草か
 松尾芭蕉が詠んだ句はここの鐘のことである。時の鐘は、はじめ 江戸城内で撞かれていたが、寛永3年(1626)になって、日本橋石町3丁目に移され、江戸市民に時を告げるようになったという。元禄以来、江戸の町の拡大に伴い、上野山内・浅草寺のほか、本所横川・芝切通し・市谷八幡・目白不動・目黒円通寺・四谷天龍寺などにも置かれた。初代の鐘は、寛文6年(1666)の鋳造。銘に「願主柏木好古」とあったという。その後、天明7年(1787)に、谷中感応寺(現、天王寺)で鋳直されたものが、現存の鐘である。正面に「東叡山大銅鐘」、反対側には、「天明七丁末八月」、下に「如来常住、無有変易、一切衆生、悉有仏性」と刻まれている。
 天海僧正は、寛永20年(1643)10月2日に百八歳という長寿を全うされた。墓所は日光山輪王寺慈眼堂御廟にあるが、当山には山内子院の本覚院第一世の晃海が供養塔を建立し、後に同院に伝来されていた毛髪を納めた宝塔も建立された。

現在の上野大仏
現在の上野大仏
パゴダ(仏塔)
パゴダ(仏塔)

 昭和の始めまで、首のない大仏が置かれてあった。大仏創建はまず寛永8年(1631)こ、越後村上城主の堀直寄が丈六(約4.8m) の粘土製大仏を造ったが、正保4年(1647)5月14日の地震で首が落ちている。明暦、万治年間(1655-61)には、木食淨雲という僧が大仏再建をはかり、7m余の唐金の大仏を建造した。元禄年間(1688-1704)輪王寺官公弁法親王によって、この上に大仏殿が覆われ、その後地震や災火のたび復興されたが、大正21年(1923)の関東大震災で首が落ち、公園整備のため大仏は取り払われた。しかし、大仏復元は60数年をへた今日も、地元の人達の念願であり、昭和42年(1967)6月に建立された白亜の仏塔パゴダは、その実現への拠点といわれている。内部には寛永寺の秘宝薬師如来像、左に月光菩薩、右に日光菩薩を安置してあり、三尊は明漁の神仏分離で取り壊された薬師堂にあったものだ。パゴダの手前には落ちた大仏の首が、壁面に無表情にはめ込まれてある。

彰義隊の墓 桜並木
桜並木

 十五代将軍徳川慶喜の一橋藩主時代の側近家来であった小川興郷らは、慶応4年(1868)、大政奉還をして 寛永寺に蟄居した慶喜の助命嘆願のために同志をつのった。そこには徳川政権を支持する各藩士をはじめ、新政府への不満武士、変革期に世に出ようとする人々が集まり、「彰義隊」と名乗り、やがて上野の山を拠点として新政府軍と対峙した。旧暦5月15日の上野戦争は、武力に勝る新政府軍が半日で彰義隊を破滅させた。

秋色桜
秋色桜
五重塔
五重塔(国重要文化財)

 秋色桜の句碑
 井戸ばたの 桜あぶなし 酒の酔
 五重塔は寛永16年(1639)に焼失。その年のうちに再建されたのが今も残る五重塔で、丹漆塗りの外観が印象的だ。もともとは上野東照宮の境内に建てられていたが、明治時代に寛永寺に属することになった。

不忍池と辨天堂
不忍池と辨天堂

辨天堂
辨天堂
大黒天堂
大黒天堂

 不忍池辨天堂は、天海が水谷伊勢守勝隆の支援を得て、比叡山麓の琵琶湖竹生島になぞらえて、寛永年間に不忍池に中之島を築き、その地に建立された。御本尊の八賢大辨財天も、竹生島の宝厳寺から勧請したものである。大正時代には、伊東忠太氏設計のもと竜宮門も建てられたが、昭和20年(945)の空襲により辨天・竜宮門は兵に焼失してしまい、昭和33年(1958)に現在のお堂が再建された。9月に行われる巳成金の日には、早朝より多くの参詣者で境内が賑わう。辨天堂の右手の大黒堂では、縁日に豊太閤護持の大黒天堂前にて護摩供養を執り行い、人々の信仰を集めている。

不忍池由来碑
不忍池由来碑
長谷川利行碑
長谷川利行碑

 不忍池の名は、上野の山一帯を「忍が岡」といったのに対して名付けられたという。上野台地と本郷台地に挟まれたこの地域は、古くは海で、海岸線の後退で沼のようになったのは平安時代であった。寛永年聞(1624~44)の寛永寺造営に際して、琵琶湖になぞらえた不忍池に、竹生島にならった中島(弁天島)がつくられ、弁財天が祀られたことで、現在の景観ができあがった。
 放浪の画家、日本のゴッホ「 長谷川利行」を悼む碑がある。

不忍池
不忍池

2017.4.4 上野恩賜公園の桜(満開)
2017.4.4 上野恩賜公園の桜(満開)
youtube

2013.5.8 手乗りスズメ(上野公園 不忍池)
2013.5.8 手乗りスズメ(上野公園 不忍池)
youtube

⇒ 上野公園周辺 ウォーキングマップ