皇居乾通り一般公開の桜
(東京)

東京駅(JR東海道線)
mark皇居乾通り(こうきょいぬいどおり)

 平成26年(2014)より、天皇陛下の傘寿を記念して春季と秋季に実施した皇居乾通り一般公開。
 皇居乾通りの桜は3分咲きから5分咲きでしたが、東御苑のアマギヨシノ(天城吉野)は満開を迎え、皇居は30日の1日で8万人を越える人で賑わっていました。平成28年(2016)の春季は3月29日から4月3日までの10日間でした。

坂下門前の待ち行列
坂下門前の待ち行列
宮内庁横の桜
宮内庁横の桜
乾通りの桜
乾通りの桜
乾通りの桜
乾通りの桜
山下通り
山下通り
下道灌濠沿いの桜
下道灌濠沿いの桜

 道濯濠は、江戸時代には蓮池濠から的場曲輪の西まで通じて、西の丸と吹上御苑とを区画していた。この濠は石垣を組まずに台地を切り割っただけのもので、太田道灌時代の旧濠といわれているが、さだかではない。明治に入って山里曲輪と吹上御苑を結んでいた釣橋が撤去され、そこが埋め立てられたために、濠は下道灌濠と上道灌濠とに二分されることとなった。

シダレザクラ
シダレザクラ 乾門手前の桜
乾門手前の桜
乾門手前の桜
乾門手前の桜
遠くに西桔橋
遠くに西桔橋
乾門(外)近くの桜
乾門(外)近くの桜
mark皇居東御苑(こうきょひがしぎょえんり)
北桔橋門から
北桔橋門から
本丸
本丸
東御苑のアマギヨシノ
東御苑のアマギヨシノ アマギヨシノ満開
アマギヨシノ満開
アマギヨシノ
アマギヨシノ
アマギヨシノ
アマギヨシノ
2017.3.30 千鳥ヶ淵・東御苑の桜(咲き始め)youtube

⇒ 皇居東御苑周辺 ウォーキングマップ