両国歴史散歩(江戸東京博物館)
(馬喰町~両国)

馬喰町(JR総武本線快速)~両国駅(JR総武線)
mark柳橋(やなぎばし)
柳橋
柳橋
柳橋の説明
柳橋の説明

 神田川の下流が隅田川に流れ込む手前に柳橋がある。元禄11年(1698)の架橋当時は川口出口之橋と呼ばれたが、やがて柳橋の称が生まれた。その由来は、神田川下流の柳原土手にちなんだものとも、橋のたもとに植えられた柳にちなむものともいわれている。

神田川
神田川
両国広小路記念碑
両国広小路記念碑

 両国橋の完成によって、隅田川以東の本所・深川方面の開発がすすみ、江戸の町は束へひろがった。また、橋の西詰め一帯は火除地(防火地域)とされ、両国広小路と呼ばれた。靖国通りに面した西詰め一角の緑地帯に記念碑がある。

mark両国橋(りょうごくはし)
両国橋
両国橋

 明暦3年(1657)の明暦の大火の際、浅草橋の門を閉ざしたため、その南で逃げ場を失い、多くの焼死者・溺死者を出した。それまで江戸防衛の見地から、千住大橋以外、隅田川への架橋を禁じていた幕府は、防災の必要を痛感し、万治元年(1658)架橋を認め、2年後に両国橋が完成した。初めは大橋といったが、いつしか両国橋と呼ばれるようになった。両国橋の名は隅田川の両岸、武蔵国(西側)と下総国(東側)にちなんだ俗称であった。

2016.7.30 隅田川花火大会(両国橋西岸)youtube

両国の花火
 享保16年(1731)、全国的な凶作や江戸での疫病流行で、全国には餓死するものが96万人に達し、その年さらにコレラが大流行して多くの死者がでた。幕府はその慰霊と悪疾退散のために両国橋付近で水神祭を催し、花火を余興にあげたのかはじめといわれている。現在、隅田川花火大会として上流で復活した。

表忠碑
表忠碑
大高源吾「日の恩や」句碑
大高源吾「日の恩や」
句碑

 両国橋東話の橋台地の公園に高さ4.5mの表忠碑が建っている。これは日露戦争での戦没者慰霊碑で、明治40年(1907)1月1日に本所区徴兵慰労義会によって建立されている。
 表忠碑の隣りに、赤穂浪士のひとりであり、其角の弟子と伝える子葉こと大高源吾の「日の恩やたちまちくだ〈厚氷」の碑がある。建立は、昭和3年(1928)11月10日である。

ももんじゃ
ももんじゃ
江戸の味の立札
江戸の味の立札

 現在の両国橋がかかるあたりは、かつて入堀があり、本所七不思議のひとつにもなっている「片葉の葦」が茂り、俗に片葉堀ともいわれて駒止橋がかかっていた。料理屋・寄席をどもあって、東西あわせて江戸第一の繁華をところであった。山くじら・ももんじゃの豊田屋(享保3年(718)創業)がいまだにその面影を残している。

mark回向院(えこういん)
回向院
回向院
明暦の大火罹災市街の図(江戸東京博物館)
明暦の大火罹災市街の図
(江戸東京博物館)

 明暦3年(1657)酉年正月18日、本郷丸山本妙寺よりの出火と、翌19日、小石川伝通院表門下新鷹匠町・麹町五丁目からとの出火で江戸の過半が焼失し、死者は10万人を超えるものであった。いわゆる明暦の大火(振袖火事・丸山火事・酉年の火事)である。この大火の焼死者などを集めて埋葬し、塚を築き回向したのが回向院である

力塚
力塚
鼠小僧次郎吉の墓
鼠小僧次郎吉の墓

 墨田区と相撲の関わりは、明和5年(1768)9月の回向院における初めての興行にさかのぼる。明治時代に入っても、相撲の定場所として、年に二度の興行が開かれ、賑わう人々の姿は版画にも残されている。力塚は昭和11年(1936)1月に相撲協会が、歴代年寄慰霊のため、および相撲道の高揚のために建立した巨碑である。
 鼠小僧次郎吉の墓は、市川団升が狂言大あたりのお礼に、明治9年(1876)供養墓として建てたものである。鼠小僧は天保3年(1832)に処刑された大名屋敷専門の盗賊で、盗んだ金を貧しい人々に与えたので、義賊として庶民の人気を博し、死後まもなく講談となり、黙阿弥は、「鼠小紋東君新形」という狂言に仕立て、さらにその人気をあおった。鼠小僧の墓石を欠いて持っていると運が強いというまじないかつたわり、墓石を欠くものが多く、代わりの墓石がつぎつぎにつくられている。

mark吉良邸跡(きらていあと)
吉良邸跡(本所松坂町公園)
吉良邸跡
(本所松坂町公園)
吉良上野介義央坐像
吉良上野介義央坐像

 元禄15年(1702)12月14日、赤穂浪士四十七士が討ち入りしたところで、だれもが「忠臣蔵」として知るところである。この屋敷は浪士討ち入り後、元禄16年(1703)3月に没収されているから、吉良邸がここにあったのはわずか1年半に満たない期間であった。現在の公園は、地元有志が発起人となって土地を購入し、東京府に寄付し、昭和9年(1934)公園となったものである。

大石内蔵助以下三六名署名義士親類書
大石内蔵助以下
三六名署名義士親類書
吉良邸正門跡
吉良邸正門跡
mark両国公園(りょうごくこうえん)
勝海舟生誕地
勝海舟生誕地
勝海舟幕末絵巻
勝海舟幕末絵巻

 勝海舟は文政6年(1823)、本所亀沢とよばれていたここの父勝小吉の実家である男谷邸内で生まれた。幼少期より剣術を修め、蘭学・兵学を学んだ。

江戸開城談判の絵
江戸開城談判の絵
両国公園
両国公園

 江戸城総攻撃を目前にした慶応4年(1868)3月14日、幕府の陸軍総裁勝海舟は、この地に奉った薩摩藩蔵屋敷で東征軍参謀西郷隆盛と会見し、江戸城無血開城と徳川慶喜の水戸隠退を約束させ、江戸を兵火から救

mark江戸東京博物館(とうきょうとえどとうきょうはくぶつかん)
江戸東京博物館
江戸東京博物館

 失われつつある江戸東京の歴史遺産を守るとともに、東京の歴史と文化をふりかえることによって、未来の東京を考える博物館として、平成年(1993)3月28日に開館した。

常設展示室
常設展示室
日本橋(模型)
日本橋(模型)
寛永の大名屋敷(模型)
寛永の大名屋敷(模型)

 大名屋敷は、江戸城本丸大手門の前に建てられた越前福井藩主・松平伊代守忠昌の上屋敷。広大な敷地に桃山風の豪壮な建物が建っていたが、明暦の大火により焼失し、以降このような豪華な大名屋敷は姿を消した。

幕末の江戸城-本丸・二丸御殿(模型)
幕末の江戸城
天守・本丸・二の丸御殿(模型)
吉野山蒔絵硯箱
吉野山蒔絵硯箱

 本丸御殿は、御玄関にはじまり、幕府の政庁である表、将軍の日常生活と執務を行う奥、御台所などが生活する大奥とに大別される。二の丸御殿は、おおむね前将軍の御台所や生母などの居所として機能し、本丸御殿と同様、表、奥・大奥からなった。
 花見の名所である吉野山をテーマにした硯箱。各所に高蒔絵が施され、蓋裏には、竹と鶴が描かれている。

館内
館内
絵草紙屋(模型)
絵草紙屋(模型)
三井越後屋江戸本店(模型)
三井越後屋江戸本店
(模型)
神田明神行列(模型)
神田明神行列(模型)

 江戸時代の代表的な呉服屋で駿河町にあった「三井越後屋」の店先。創業者・三井高利は、伊勢松坂の出身で、延宝元年(1673)、京都に呉服の仕入店を設け、江戸に販売の店を開いた。

両国橋西詰(模型)
両国橋西詰(模型)
助六の舞台(模型)
助六の舞台(模型)
助六の舞台(模型)助六
助六の舞台(模型)助六
助六の舞台(模型)意休
助六の舞台(模型)意休
芝居小屋・中村座(模型)
芝居小屋・中村座(模型)

 江戸時代の代表的な歌舞伎の芝居小屋である中村座の正面部分。

⇒ 両国周辺 ウォーキングマップ