官幣大社 日枝神社
(日比谷~赤坂見附)

日比谷駅(東京メトロ日比谷線)~憲政記念館~日枝神社~赤坂見附駅(東京メトロ日比谷線)
mark日枝神社(ひえじんじゃ)
山王坂
山王坂
官幣大社 日枝神社
官幣大社 日枝神社

 明治維新まではほとんどが山王社(日枝神社)の社地であり、国会議事堂から日枝神社前に下る坂なのでこの名が付けられた。

山王鳥居
山王鳥居
神門
神門

 江戸時代以来、山王権現・山王社などと呼ばれて親しまれてきた。太田道灌江戸城の鎮守として川越(埼玉県)から移してきたとされていたが、熊野那智山実報院の米良家文書に、南北朝時代の正平17年(1362)、豊島郡江戸群山王宮住僧3名が参詣宿泊したことが記されていることから、道灌の築城以前から存在していたことになる。もと山王神は天台宗の守護神で平安時代初め最澄が延暦寺を比叡山に創建する際、山霊に日吉山王の神号を奉って祀ったことに始まる。

神門の随神像
神門の随神像
神門の神猿像
神門の神猿像

神門「日枝神社の額」
神門「日枝神社の額」
神門「皇城之鎮の額」
神門「皇城之鎮の額」

社殿
社殿

 明暦3年(1657)の明暦の大火で社殿が類焼したことから、四代将軍徳川家綱は社地を現在地に移し、万治2年(1659)に再建した。明治に入ると、神仏分離・廃仏毀釈の運動がおこり、祭神山王権現を『古事記』にもとづいて大山咋神、社号も日枝神社に改めた。国宝指定の桃山建築様式の華麗な社殿は、昭和20年(1945)の戦災で焼失し、現在は鉄筋コンクリート進で再建されている。

神猿像左
神猿像左
神猿像右
神猿像右

 左の母猿と子猿は、子宝や安産のご利益があると言われている。
 右の父猿は、商売繁盛や社運隆昌にご利益があると言われている。

山王夢御殿
山王夢御殿
御文庫
御文庫

山車庫
山車庫
宝物殿
宝物殿

 天正18年(1590)の徳川家康江戸入城後も太田道濯時代と同様に山王社は城内で奉祭されていたが、慶長18年(1613)二代将軍徳川秀忠が半歳門外貝塚(現、隼町)に移し、江戸城鎮守として社殿を造営、一般にも開放した。将軍様もわが氏子と祭礼の山車が城内に入る6月の山王祭(天下祭)は三代将軍徳川家光の寛永11年(1634)からである。山王祭は、富岡八幡宮深川祭神田明神神田祭とともに江戸三大祭の一つに数えられている。

山王稲荷神社(末社)
山王稲荷神社(末社)
八坂・猿田彦神社(末社)
八坂・猿田彦神社(末社)

さざれ石
さざれ石
山王鳥居(外堀通り)
山王鳥居(外堀通り)

 さざれ石は、学名を「石灰質角礫岩」といい、岐阜県揖斐郡春日村の山中から発掘される。石灰石が長い年月をかけて雨水に溶解され、それにより生じた粘着力の強い乳状液が小石を終結して大きくなり、一つの大きな岩の塊に変化したものである

⇒ 日枝神社周辺 ウォーキングマップ