赤坂・乃木坂歴史散歩
(赤坂見附~乃木坂)

赤坂見附駅(東京メトロ銀座線)~赤坂見附~豊川稲荷東京別院~高橋是清翁記念公園~旧乃木邸~乃木坂駅(東京メトロ千代田線)
mark赤坂見附(あかさかみつけ)
江戸城外掘跡(赤坂御門)(国史跡)
江戸城外掘跡(赤坂御門)(国史跡)
江戸城外掘跡(赤坂御門)
江戸城外掘跡(赤坂御門)

 石垣は、江戸城外郭門のひとつである赤坂御門の一部である。赤坂御門は、寛永13年(1636)に福岡藩二代藩主黒田忠之により、この枡形石垣が造られ、同16年(1639)には御門普請奉行の加藤正直・小川安則によって門が完成した。江戸時代のこの門は、大山に参拝する大山道の重要な地点でもあった。

弁慶橋
弁慶橋
弁慶濠
弁慶濠

 紀伊国坂に沿って、外濠が残る。弁慶小左衛門という者が寛永年間(1624~1643)に築造した弁慶濠で明治22年(1889)に橋を架けた。

mark豊川稲荷東京別院(とよかわいなりとうきょうべついん)
山門
山門
寒緋桜
寒緋桜

本殿
本殿

 豊川稲荷東京別院の本尊茶枳尼真天は、元来愛知県豊川市にある妙厳寺の山門の鎮守として祭られたもので、仏教では胎蔵曼茶羅外院に属する夜叉または羅刹の一種で自在の通力をもち、人の死を六カ月前に知り、その心臓を食らうといい、その法を修する者に自在の力を与えるとされる。本体を狐の精とするのは日本の考えで稲荷権現などと同一視された。

本殿前の白狐(左側)
本殿前の白狐(左側)
本殿前の白狐(右側)
本殿前の白狐(右側)

大岡越前守忠相公御廟
大岡越前守忠相公御廟
奥の院
奥の院

 妙厳寺開山東海義易が自ら刻んだ像は、今川義元、織田信長豊臣秀吉徳川家康の庇護を受け、名町奉行として知られた大岡越前守が寛延元年(1748)に加増を受けて一万石となりこの地を領地として以後、その子孫によって、文政11年(1828)に、赤坂の邸内に勧請された。

福禄寿尊
福禄寿尊
毘沙門天
毘沙門天

 境内では、七福神めぐりができる。

mark高橋是清翁記念公園(たかはしこれきよおうきねんこうえん)
庭園
庭園
最初の赤坂区役所跡
最初の赤坂区役所跡

 高橋是清翁記念公園は、高橋是清邸宅の跡で、子息是賢氏と記念事業会から昭和13年(1938)に東京市へ寄附された。現在は港区の管理で高橋是清の銅像と由緒の碑がある。

高橋是清像
高橋是清像
石碑
石碑

 昭和11年(1936)の二・二六事件で、高橋是清蔵相はこの自邸で反乱部隊に殺害された。安政元年(1854)に芝で生まれ、汐留の仙台藩邸で育った。14歳でアメリカに渡って奴隷に売られるなど苦学力行、帰朝して経済政策に力を尽くし、七転八起きの境遇を経ながら、日本銀行総裁、総理大臣、大蔵大臣などを勤めた。

mark旧乃木邸(きゅうのぎてい)
旧乃木邸
旧乃木邸

 邸宅は明治35年(1902)に新築されたもので、フランス軍隊の建物を模したといわれる。傾斜した地形で、一階は応接間、客室、次室、居室(殉死の部屋)、夫人居室がある。

旧乃木邸
旧乃木邸
大将居室
大将居室

 西南戦争の軍旗奪失事件や旅順攻撃で有名な乃木希典は、大正元年(1912)9月13日、静子夫人とともに明治天皇死去を追って自刃した。

厩(うまや)
厩(うまや)
壽号
壽号

 明治22年(1889)に新築されたものである。
 正馬壽号は、「ステッセル」将軍の愛用した「アラビヤ」産の牡馬で明治38年(1905)水師営会見の際に乃木大将に贈らんとしたが、大将はその志を謝し直ちにこれを受けとることは軍規の許さない事なので、後日を約してこれを「壽」号と名づけて戦役中常用し凱旋後拂い下げを受け、自分の馬として愛用した。

乃木大将と辻占売少年像
乃木大将と辻占売少年像
乃木大将と辻占売少年像
乃木大将と辻占売少年像

 旧乃木邸の脇にある、乃木将軍こと乃木希典と辻占い売りの少年の出会いを描いた銅像である。

乃木神社  二の鳥居
乃木神社 二の鳥居
参集殿
参集殿

乃木神社 拝殿
乃木神社 拝殿

 旧乃木邸裏手の乃木神社は、大正12年(1923)に創建され、乃木大将夫妻を祀っており、宝物殿ではその遺墨などが展示されている。

宝物殿
宝物殿
御殉死の刀
御殉死の刀

 乃木大将がサーベルとして常用していた刀剣と、乃木大将が買い求め静子夫人の守り刀

乃木希典大将の銅像
乃木希典大将の銅像
御殉死の朝に撮影された写真
御殉死の朝に撮影された写真

正松神社(摂社)
正松神社(摂社)
教育の碑(明治天皇御製)
教育の碑(明治天皇御製)

 乃木神社戦災復興峻成を機に萩の松陰神社より、玉木文之進と吉田松陰の御分霊を請受け、境内に鎮祭した縁の神社である。
 明治40年(1907)1月に、御祭神野乃木将軍が学習院院長に任命された頃に、生徒心得の為に明治天皇より賜った御製である。

乃木将軍墓所(青山霊園)
乃木将軍墓所(青山霊園)
乃木将軍の墓(左静子夫人の墓)
乃木将軍の墓(左静子夫人の墓)

⇒ 赤坂周辺 ウォーキングマップ