勝鬨橋~波除稲荷神社~築地本願寺~歌舞伎座
(東銀座~新橋)

東銀座駅(都営浅草線)~勝鬨橋~波除稲荷神社~築地本願寺~新橋駅(JR東海道線)
mark勝鬨橋(かちどきばし)
銀座と晴海埠頭を結ぶ勝鬨橋
銀座と晴海埠頭を結ぶ勝鬨橋
(国重要文化財)

 昭和15年(1940)に隅田川最下流にかけられた橋で、銀座と晴海埠頭を結んでいる。中央部が真中で割れて70度まで開く跳開橋で、最盛期には1日5回、各20分間船を通していた。現在では橋上の交通量の激増で閉鎖している。

かちどきの渡し碑
かちどきの渡し碑
かちどきの渡し碑
かちどきの渡し碑

 明治20年代に対岸の埋立て(現在の月島・勝どき地区)が行われると、明治38年(1905)築地の海幸橋のたもとと対岸を結ぶ渡しが設けられ、日露戦争の勝利を記念して「勝鬨の渡し」と命名され、以来1940年勝鬨橋の架橋までの35年間、重要な交通機関となった。

mark波除稲荷神社(なみよけじんじゃ)
厄除天井大獅子
厄除天井大獅子
波除稲荷神社
波除稲荷神社

 波除稲荷神社は起立は万治年間(1658~61)といわれている。当時、築地一帯の埋立てに際し、堤防がたびたび波に崩されて工事が難行していた。ある日、海中に漂う稲荷神の像をみつけ、これを祀ったところ、風を波もおさまり、工事が無事完了したと伝えられている。「波除」という尊称もこの伝説に由来するものである。
 厄除天井大獅子は、江戸時代既に「つきじ獅子祭」として著名であった当神社祭礼の名称の由来となり厄除・災難除けの信仰で多くの人々のご参詣があった。東部一の巨大な獅子頭「天井大獅子」も江戸時代に焼失以来再興できず、平成2年(1990)当神社の御鎮座330年記念事業として木口の直径2.3m長さ7m樹齢約三千年の黒檜/ねず厚木を用いて再興された。

mark築地本願寺(つきじほんがんじ)
築地本願寺
築地本願寺
親鸞聖人像
親鸞聖人像

 築地本願寺は、古代インドの石造寺院様式を取り入れた大伽藍の威容が目にひく。関東大震災で焼失後、伊藤忠太の設計で昭和6年(1931)に起工、35年に完成した。17世紀初頭、西本願寺の准如が、関東地方に布教をひろめる拠点として橘町に創建した。明暦の大火で焼失したため、幕府からこの地を与えられ、佃島の門徒らの協力で海浜を埋立てて再建した。
 親鸞聖人は9歳で慈円のもとで出家し、範宴と名乗った。そして比叡山に登り、20年に及ぶ厳しい修行を積んだ。しかし、このとき自力修行の限界を感じたという。範宴は69歳になる法然の草庵を訪ね、弟子となった。しかし、このころ信者を急激に増やした浄土宗は旧仏教から敵視されており、さらに後鳥羽上皇の念仏停止の断が下されていたため、師の法然に連座し、越後へ配流された。僧籍を剥奪されたため、 親鸞(浄土真宗開祖)と名乗ったのはこのときからである。 親鸞の教えは、師の教えを一歩進めたもので、煩悩の深い「悪人」こそが、阿弥陀仏の救いの対象であるというものであった。これは仏道修行を行うにも行えない農民や地方武士の間に広まり、浄土真宗(一向宗)と呼ばれた。

土生玄碩の墓
土生玄碩の墓
陸上交通殉職者追悼之碑
陸上交通殉職者追悼之碑

 吉良邸に討ち入りした赤穂浪士間新六の供養塔、佃島開発者のひとり森孫右衛門の墓、シーボルト事件に連坐した幕府侍医土生玄碩の墓、陸上交通殉職者追悼之碑などが残っている。

mark新橋駅(しんばしえき)
新橋駅
新橋駅

 「汽笛一声新橋を はやわが汽車は離れたり 愛宕の山に入り残る 月を旅路の友として」明治5年(1872)、新橋・ 横浜間にわが国最初の鉄道が開通した。現在の新橋駅は大正3年(1914)に京浜線が開通したときの烏森駅で、当時の新橋駅は東側、東京湾よりにあった。

蒸気機関車C58の動輪
蒸気機関車C58の動輪
鉄道唱歌の碑
鉄道唱歌の碑

 D51形機関車は昭和11年(1936)に誕生した機関車である。10年間で1,115両と、日本のSLでは一形式で最多の両数が製造され、戦前・戦後を通じて全国各地で、主に貨物用として活躍した。展示されている動輪は、昭和51年(1976)の総武・横須賀線乗り入れ記念として、北海道の札幌鉄道管理局から譲り受け、鉄道発祥の地である新橋駅に設置したものである。
 鉄道唱歌の碑は、昭和32年(1957)10月4日の鉄道開通85周年記念日に鉄道唱歌の作詞家、大和田建樹生誕100年を記念して新橋駅に建立された。鉄道唱歌は、長い間私たちのために働いた鉄道を讃えるだけでなく、明治時代の文学者大和田建樹自身が実際に汽車に乗ってつぶさに日本国内を旅行した見聞録である。

⇒ 新橋周辺 ウォーキングマップ