板橋宿跡~飛鳥山公園
(池袋~王子)

池袋駅(JR山手線)~板橋宿跡~飛鳥山公園~王子駅(JR京浜東北線)
mark板橋宿跡(いたばしじゅあと)
板橋宿跡
板橋宿跡
中山道仲宿
中山道仲宿

 中山道最初の宿場で、全長約1700mの細長い町並てあり、江戸方面から平尾・中宿・上宿の三つに分かれていた。元禄時代(1688~1704)の調査によると、板橋宿は本陣2軒、脇本陣3軒、大小の旅籠屋54軒、常備の人足および馬は50人と50頭、宿場女郎・飯盛女が公認されていた。

縁切榎
縁切榎
観明寺
観明寺

 縁切榎は、板橋から中山道を北上すると縁切榎があり、木立の奥に小さな祠が祀られている。かってこのあたりは、何百年もの樹齢を数える巨木がおい繁った薄気味悪い場所であり、この下を嫁入・婿入の一行が通行すると、必ず不縁になると、恐れられた場所であった。
 観明寺は、天然痘の厄除け祈願を行った石祠や、寛文元年(1661)造立の庚申塔がある。この庚申塔は東光寺のものとともにみごとな彫刻がなされており、当時の宿場の繁栄ぶりを物語るものであろう。

mark飛鳥山公園(あすかやまこうえん)
桜満開
桜満開
飛鳥山公園
飛鳥山公園

 この地にはかって豊島氏の全盛時代には出城があった。江戸時代初期は、旗本野間氏の所領であったが、八代将軍徳川吉宗が幕府に返納させ、王子権現に寄進し、桜を植え、一般に解放して以来、桜の名所とし有名になった。飛鳥山の地名は、元亨年中(1321~24)、豊島左衛門という人物が、和歌山県の熊野の神(飛鳥明神)を信仰し、その神を祀るための祠を始めてつくり、熊野にちなんでその地を王子、この山を飛鳥山と呼んだのが初めてであるとされている。

飛鳥山公園の桜
飛鳥山公園の桜
youtube

 園内には約650本の桜が咲き誇る。

都電荒川線
都電荒川線
飛鳥山碑
飛鳥山碑

 飛鳥山碑(都旧跡)や、江戸時代の学者、佐久間象山(1811~64)の桜賦の碑などがある。

紙の博物館入口
紙の博物館入口
館内展示
館内展示

 紙の博物館は、昭和25年(1950)に、和紙・洋紙を問わず、古今東西の紙に関する資料を幅広く収集・保存・展示する世界有数の紙の総合博物館として、東京・王子に誕生した。王子は、明治初期に近代的な製紙工場のさきがけとなった抄紙会社(後の王子製紙王子工場)が設立された地で、「洋紙発祥の地」として知られている。

mark旧渋沢栄一邸(きゅうしぶさわえいいちてい)
青淵文庫(国重要文化財)
青淵文庫(国重要文化財)

 渋沢栄一の傘寿(80歳)と小爵に昇格したお祝いを兼ねて、大正14年(1925)に竜門社(現、公益財団法人渋沢栄一記念財団)が贈呈した。

青淵文庫外観
青淵文庫外観
ステンドグラス
ステンドグラス

 内部はステンドグラスや装飾タイルが書庫に彩りを与えいる。書庫として建設されたことから全体的に堅牢で、鋼製の書棚などの建築になっている。

晩香廬
晩香廬(国重要文化財)
庭園
庭園

 大正6年(1917)に、渋沢栄一の喜寿(77歳)を祝って清水組(清水建設)より贈られた洋風茶室である。渋沢邸を訪れた賓客をもてなすために利用された。

渋沢栄一像
渋沢栄一像
庭園の桜
庭園の桜

 渋沢栄一は、武蔵国の豪農の長男に生まれた。幼少より従兄から学問を習い、剣術の道場では北辰一刀流を学んだ。渋沢は、縁あって徳川御三卿の一つ一橋家に仕え、一橋家出身の十五代将軍徳川慶喜が将軍になるに伴い幕臣となった。慶喜の弟昭武とパリ万博や欧州各国を視察し、欧州の文化と経済を肌で学んだ。

写真 渋沢栄一
写真 渋沢栄一
渋沢史料館
渋沢史料館

 渋沢史料館は日本の近代経済社会の基礎を築き、生涯「道徳経済合一説」を唱え、実業界のみならず社会公共事業、国際交流の面においても指導的役割を果たした渋沢栄一の全生涯にわたる資料を収蔵、展示している。

⇒ 板橋周辺 ウォーキングマップ
⇒ 王子周辺 ウォーキングマップ