亀戸天神社~隅田公園~向島百花園
(亀戸~東向島)

亀戸駅(JR総武本線)~亀戸天神社~隅田公園~向島百花園~東向島駅(東武伊勢崎線)
mark亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)
亀戸天神社
亀戸天神社

 亀戸の由来は、昔、この地は亀ノ島と呼ばれる海上の島でした。早くから住民がいたようで、石器時代、古墳時代の遺跡があるといわれています。やがてこの島に亀村と呼ばれる村ができ、村にあった亀ケ井という涌水が有名になりました。その後、この亀村と亀ケ井が混ざって「亀井戸村」になったようです。江戸時代、「井」がなくなって亀戸村となった。
 寛文2年(1622)、太宰府天満宮の神官大鳥居信祐が、神木で菅原道真像をつくり、亀戸村に祀ったのが始まりという。翌年から心字池・太鼓橋など、太宰府天満宮を模して造営された。境内の梅・藤の花が名所となり、学問の神様ということもあって、江戸時代以来行楽を兼ねた多くの参詣客を集めてきた。昭和20年(1945)の東京大空襲で全焼したが、現在では太鼓橋と社殿がコンクリート造で再建された。

藤まつり
藤まつり
紫藤のつぼみ
紫藤のつぼみ

藤棚
藤棚

mark隅田公園(すみだこうえん)
隅田公園
隅田公園(墨田区側)

 関東大震災後、帝都復興計画に基づいて、火除け地として造園された。東京大空襲による被害や、高速道路工事・防潮堤工事で一時期荒廃していたが、現在では埴樹・散歩道の改修などによって、面目を一新している。隅田川東岸のうち、本所・両国地区は、17世紀後半の両国橋・新大橋の架橋によって発展したが、向島地区は、江戸近郊の農村地帯としてのどかな田園風景がひろがっていた。

2013.3.23 隅田公園桜まつりyoutube

「正気之歌」詩碑
「正気之歌」詩碑
明治天皇御製
明治天皇御製

 藤田東湖の「正気之歌」詩碑がある。東湖は、水戸藩の代表的な尊皇攘夷論者で、弘化2年(1843)から3年間この下屋敷に幽閉されていたことがある。そのおりに「天地正大の気、純然として神州に鐘る」と、有名な「正気之歌」をよんでいる。
 明治8年(1875)花宴の再開において、明治天皇は東京で初めて行う花宴の会場に、この墨堤の水戸徳川家小梅邸を選びました。その際に詠んだ歌がここに残されている。
 花ぐわし 桜もあれど 此やどの 世々のこころを 我はとひけり

牛嶋神社
牛嶋神社

 本所の総鎮守で、古くから「牛の御前」と呼ばれていた。寺名は本所一帯がかつて牛島と呼ばれていたことによる。縁起によると、貞観年間(859~77)に円仁(慈覚大師)の創建と伝えられ、治承4年(1180)の源頼朝の挙兵にあたり、下総国から 隅田川をわたって武蔵国に入るおり、千葉常胤が当社に祈顕した。社宝の旗指物には「国分庄司 千葉五郎平朝臣胤道」と記されている。

桜満開の隅田川
桜満開の隅田川

 昔は、利根川は 隅田川に合流していた。寛永12年(1635)、江戸を水害から救うため、関東郡代、伊奈備前守は、これを銚子沖に放水し隅田川の水量を調整した。隅田川は、江戸発展に重要な役割を果たし、また文芸や錦絵にたくさん題材にされてきた。

2007.7.28 深川・隅田川花火大会youtube

mark向島百花園(むこうじまひゃっかえん)
御成座敷
御成座敷(国名勝)(国史跡)

 仙台の出身で、日本橋の骨董屋佐原菊塢が、寺島のこの地に3000坪の土地をもとめて別荘とし、交流のあった文人・墨客(蜀山人・亀田鵬斎・加藤千陰・村田春海・谷文晁・坂井抱一ら)とともに、約300本の梅の木を植えて造園にあたった。その後も文人たちが思い思いの木をもちこんだひとから、大名屋敷や社寺の庭園にはみられない野趣に富んだ庭園となり、花屋敷・新梅屋敷・七草園など呼ばれた。

にわうめ
にわうめ

 「百花園」とは、「四季百花の乱れ咲く園」という意味で、早春の梅、水仙、福寿草から始まり春、夏、秋の山野草、秋の萩などの植物を植栽し、四季それぞれの花の野趣にみちた庭園となった。

はなかいどう
はなかいどう
ばいも
ばいも

飯島光峨翁之碑銘
飯島光峨翁之碑銘
しのぶ塚
しのぶ塚

 昭和13年(1389)東京市に寄贈され、東京大空襲で大きな被害を受けたが、現在では昔の姿を取りもどしている。園内には山上憶良の秋の七草碑など、約30基ほどの歌碑・句碑が立てられている。
 しのぶ塚
  隅田川よ二面よと歌舞伎にも浄瑠璃にも世にもてはやさるる荵売は、安永四とせ中村座の春狂言に初代中村仲蔵が勤め、前の河竹新七の作なり。そが正本を、ある人より贈られて、久しゅう秘蔵せしは、名を嗣ぐ者の幸せと悦びしが、この度ここに埋みて、昔忍ぶの墳と名づけその故よし記しつくるは、隅田川の流れ絶えず、伝えて、二面の二つなき功績を、後の世に遺さんとてのわざになんありける。

井上和紫句碑
井上和紫句碑
芝金顕彰碑
芝金顕彰碑

 井上和紫句碑
  紫の由かりや すみれ 江戸生まれ
 芝金顕彰碑
  ほととぎす今一声のきかまほし 月はさわれど姿を見せず
  エエぢれったい何としよう しんきくさいじゃないかいな

2007.3.3 江戸大道芸(向島百花園)youtube

⇒ 亀戸周辺 ウォーキングマップ
⇒ 浅草周辺 ウォーキングマップ