レインボーブリッジ遊歩道~お台場海浜公園
(芝浦ふ頭~台場)

芝浦ふ頭駅(ゆりかもめ)~レインボーブリッジ(プロムナード)~お台場海浜公園~台場駅(ゆりかもめ)
markレインボーブリッジ遊歩道(レインボーブリッジゆうほどう)

 東京湾にかかるシルエットの美しい白い橋は、芝浦地区とお台場を結ぶ東京のシンボル。首都高速・新交通ゆりかもめ・一般道・遊歩道が共用。クルマで通り過ぎるだけでなく、天気のよい日に一度は歩いてみよう!

レインボーブリッジ・遊歩道(芝浦側の入口)
レインボーブリッジ・遊歩道(芝浦側の入口)
丁寧な案内に感謝!
丁寧な案内に感謝!

 新交通ゆりかもめの芝浦ふ頭駅で降りて、レインボーブリッジへ向かって約15分歩いた所に芝浦側の入口があった。朝の10時を少し越えた時間だったので、まだ訪れる人も殆どいなかったが、女性係員の方が親切に案内してくれました。

新交通ゆりかもめ
新交通ゆりかもめ
第六台場
第六台場
(国史跡)

 第六台場は寛永6年(1853)6月アメリカ使節ペリー提督の来航を機に、伊豆韮山の代官江川太郎左衛門英龍の意見をいれて、幕府は江戸湾防備のために湾内の11ケ所に砲台を築くこととした。これが品川台場である。同年8月から取り急ぎ工事をすすめ、芝高輪泉岳寺台地・品川御殿山などを堀り崩して土を運び、四角形・五角形・六角形の砲台を築いた。

品川方面
品川方面

レイボーブリッジ展望台
レイボーブリッジ展望台

 レインボーブリッジは二重構造の複合交通施設のつり橋で、下層は遊歩道、臨海道路、新交通ゆりかもめの軌道が走り、上層は首都高速11号台場線が通っている。東京港の新しいシンボルとして、また開発が進む臨海副都心を結ぶ架け橋として、平成5年(1993)8月にオープンした。このレインボーブリッジ・遊歩道 からは、青い海に浮かぶ客船や臨海副都心の夜景まで、あなたが見たことのない東京を眺めることができる。

2010.12.18 東京タワー・東京スカイツリー
2010.12.18 東京タワー・東京スカイツリー
youtube

サウスルートの遊歩道
サウスルートの遊歩道
お台場海浜公園側の入口
お台場海浜公園側の入口

markお台場海浜公園(おだいばかいひんこうえん)
品川台場 第三台場
第三台場
(国史跡)

 高さ約10mの石垣を積んで砲台を築き、内部は鍋底状にくぼめて陣屋・火薬庫・炊事場を設置した。安政元年(1854)4月に第一~三砲台、11月に御殿山下砲台が完成したところで工事は中止された。その理由として、同年3月に日米和親条約が調印されたことと、幕府財政の逼迫があげられる。築造されたお台場のほとんどが品川埠頭埋立地に含まれてしまい、現在では第六台場と、13号埋立地と陸繋島となった第三台場が残っているのみである。

水上バス
水上バス
砂浜の錨
砂浜の錨

2013.12.1 東京湾クルーズ
2013.12.1 東京湾クルーズ
youtube

⇒ お台場周辺 ウォーキングマップ