東京都庁
(新宿)

新宿駅(JR山手線)~都庁~新宿駅(JR山手線)
mark東京都庁(とうきょうとちょう)
都庁第一本庁舎
都庁第一本庁舎
都庁第一本庁舎
都庁第一本庁舎

都議会議事堂
都議会議事堂
南展望室からの眺め(西方面)
南展望室からの眺め(西方面)

<新宿副都心の歴史>
○江戸時代、江戸四宿(品川板橋千住新宿)の一つとして栄えた。
○明治31(1898)年、面積34haの規模で、淀橋浄水場が開設された。
○昭和35(1960)年、東京都は新宿副都心計画を計画した。
○昭和46(1971)年、最初に京王プラザホテルが完成し、その後次々と高層ビルが建ち並んだ。
○平成2(1990)年12月、新都庁舎が完成し、平成3(1991)年4月に開庁した。

第一本庁舎  高さ243m 地上48階 地下3階
第二本庁舎  高さ163m 地上34階 地下3階
都議会議事堂 高さ42m  地上7階   地下1階

 展望室(南・北)では、第一本庁舎45階、地上202m、広さ各室約1,000m2、専用エレベータ(速度)240m/分。南東方面に東京タワーと レイボーブリッジ、西新宿高層ビル群が見え、南西方面には大山丹沢山塊富士山を望むことができる。

南展望室からの眺め(東方面)
南展望室からの眺め(東方面)

⇒ 都庁周辺 ウォーキングマップ