根岸森林公園
(根岸~弘明寺)

根岸駅(JR根岸線)~根岸森林公園~馬の博物館~大岡川~弘明寺~弘明寺公園 ~弘明寺駅(京急本線)
mark根岸森林公園(ねぎししんりんこうえん)
旧根岸競馬場(一等馬見所)
旧根岸競馬場(一等馬見所)

 元治元年(1864)江戸幕府と外国人側との間に結ばれた横浜居留地覚書の第1条で競馬場の設置が定められた。そして慶応2年(1866)ここ根岸の丘に本格的な近代競馬場がつくられ、翌年1月からレースも行われた。

一等馬見所
一等馬見所
ふれあい広場
ふれあい広場

 昭和4年(1929)、J・H・モーガン設計の鉄筋コンクリート造り、高さ約30mの巨大なスタンド(一等馬見所)が完成した。しかし戦争のため、昭和17年(1942)を最後に根岸競馬場でのレースは幕を閉じた。

芝生広場
芝生広場(公園50選)

 根岸競馬場は、昭和18年(1943)に閉園となるまでハマの競馬ファンに親しまれていた。その後昭和44年(1969)までの間、駐留軍のゴルフ場となっていたものを市民の憩いの森とするため整備が進められて、昭和52年(1977)に、樹林と広い芝生を目玉とするゆとりある静かな根岸森林公園が誕生した。

梅林
梅林

 春は、約300本の梅林が咲き誇り、大勢の花見客で賑わう。

スイレン池
スイレン池
スイレン
スイレン

 園内には、はじまりの森、イチョウの森、どんぐりの森など、色々な森があり、市民の憩いの場になっている。

mark馬の博物館(うまのはくぶつかん)
馬の博物館
馬の博物館
館内の展示
館内の展示

 根岸森林公園と隣接した根岸競馬記念公苑には、馬の博物館と ポニーセンターがある。馬と人との交流によって生まれた様々な文物を、常設展示で自然・歴史・民族・美術工芸・競馬などの幅広い分野にわたって紹介されている。ポニーセンターでは、サラブレッド、日本在来馬、ポニーをはじめ、様々な品種の馬と直接触れることができる。
 公式ホームページは、こちら「馬の博物館」です。

ポニーセンター
ポニーセンター
館内の展示
館内の展示

mark大岡川(おおおかがわ)
2017.4.13 弘明寺・大岡川の桜(散り始め)youtube

 根岸旭台から曲がりくねった石段を一気に下り、根岸小学校の裏に出た。さらに掘割川に沿った国道16号を、中村橋に向って約40分歩いた。首都高速神奈川3号狩場線の高架下にある蒔田公園から、深い緑色した大岡川プロムナードを、弘明寺へとのんびりと歩いた。

2017.4.15 大岡川の桜(桜吹雪・花筏)youtube

 大岡川に沿ってのびるプロムナード沿いには、桜並木が約500本続く桜の名所である。

2008.3.29 弘明寺・大岡川の桜youtube

mark弘明寺(ぐみょうじ)
本堂前階段
本堂前階段
身代地蔵菩薩
身代地蔵菩薩

 身代地蔵菩薩は、全ての人々の病気平癒、身体健全を祈願するため奉納された。身体の悪いところと同じ場所をタオルやハンカチでさすり祈願することで、自身や家族の身体を癒してくれる。

本堂
本堂
聖天堂
聖天堂

 弘明寺は横浜市最古の寺。創建の歴史は、約1200年前の天平年間まで遡る。国の重要文化財に指定されている十一面観音立像は、行基の手によるものである。
 聖天堂は聖天(大聖歓喜天)を彫り安置し、一千座の護摩を焚いて庶民の幸福を祈願したとされる。

弘明寺公園展望台
弘明寺公園展望台

 京急の弘明寺駅を少し上がった所に弘明寺公園がある。木々に囲まれた小高い丘の上の公園であるが、2階建ての展望台に上がると、遠くに横浜ランドマークタワーがよく見えた。

⇒ 根岸森林公園周辺 ウォーキングマップ
⇒ 弘明寺周辺 ウォーキングマップ