バラの花咲く港の見える丘公園
(石川町~山手)

石川町駅(JR根岸線)~元町~港の見える丘公園~横浜外国人墓地~山手駅(JR根岸線)
mark元町(もとまち)
元町
元町
元町
元町

 安政6年(1859)6月2日に横浜港が開港し、外国人が居留地へ入ってきた。慌てた徳川幕府は、外国人居留地を隔離するため、横浜村の村人たちを急遽山手の丘の裾に立ち退かせた。3カ月の突貫工事で完成した掘割は新大川と呼ばれ、元町橋(現前田橋) と谷町橋(現谷戸橋)がかけられた。これが今日の元町の起源である。当時、外国人居留民を相手にした新たな商売として、家具づくりや西洋洗濯業、牛乳業や西洋花屋が谷戸坂で生まれた。洋服屋や洋傘店、西洋室内装飾品工場や西洋家具古物商、洋雑貨商などが開業した。

mark港の見える丘公園(みなとのみえるおかこうえん)
港の見える丘公園
港の見える丘公園(公園50選)

 フランス山をのぼった左奥が港の見える丘公園である。ここはかってイギリス海軍病院があった場所だが、関東大震災で倒壊し、その後さびれた原っぱとなっていたが、昭和37年(1962)横浜市の公園として整備・開園された。名称は第二次世界大戦後はやった歌謡曲「港の見える丘」にちなんでいる。丘は標高35mほどで、港やベイブリッジを眺望する絶好の場所となっている。

バラ園
バラ園(花の名所100選)

 横浜とバラの関わりは、開港とともに数多くの西洋文化と一緒に上陸したことに始まる。明治の初め、山手の外国人住宅の庭に梅、桜、菊、ぼたん等、日本の園芸植物と一緒にかって見たこともない美しい花が咲き誇っており、これを見た人々は「いばらぼたん」とか「洋ぼたん」と呼んで、この珍しい渡来植物を羨望のまなざしで見ていた。その後、外国人との交流が盛んになるにつれて、市民の庭にも植えられるようになった。

ローズガーデン
ローズガーデン

沈床花壇(大佛次郎記念館前)
沈床花壇(大佛次郎記念館前)

2016.5.8 港の見える丘公園(バラ)youtube

大佛次郎記念館
大佛次郎記念館
ハナショウブ
ハナショウブ

 「鞍馬天狗」などの小説で知られる作家、大佛次郎の記念館である。次郎が横浜生まれであることから、港の見える丘公園の西側に建てられた。館内には約350点の資料を展示しており、注目したいのが愛猫家でもあった次郎の猫コレクションである。

横浜ベイブリッジ
横浜ベイブリッジ

 横浜ベイブリッジは、平成元年(1989)9月27日に開通した横浜市にある長さ860m(中央支間長460m)。横浜国際航路を横断し、本牧ふ頭と大黒ふ頭を結ぶ高速湾岸線の一部を構成する2層構造の斜張橋(吊り橋)である。上層は首都高速道路、下層は国道357号線となっており、港湾物流の一端を担う重要な輸送路の役割も果たしている。

mark横浜外国人墓地(よこはまがいこくじんぼち)
横浜外国人墓地
横浜外国人墓地(景勝50選)

 山手本通りから港をみおろす斜面一帯が、横浜外国人墓地になっている。約2万3000㎡の敷地に4200人余りの外国人が眠っている。その国籍はイギリス人約1500人を筆頭に40数カ国におよぶ。

横浜外国人墓地
横浜外国人墓地
山手カトリック教会
山手カトリック教会

 山手カトリック教会は、文久2年(1862)居留地80番にたてられた横浜天主堂を引きつぎ、横浜でももっとも古い起源をもつ。明治39年(1906)現在地に移されたが、当時は双塔がそびえるゴシック様式レンガ造りの教会堂で、「トンガリ耶蘇」とよばれて親しまれた。

⇒ 中華街・元町周辺 ウォーキングマップ