田園風景の舞岡公園
(港南台~大船)

港南台駅(JR根岸線)~舞岡公園~飯島市民の森~大船観音~大船駅(JR東海道本線)
mark舞岡公園(まいおかこうえん)

 先週の続きとなるJR港南台駅から、小山台を通り過ぎて約1時間で舞岡公園へ着いた。公園内にある「小谷戸の里」には、古民家主屋(建築様式は、木造平家建て、寄棟茅葦屋根で平成7年度に横浜市認定歴史的建造物として認定)や炭焼き小屋、草っ原広場などがある。ここの近くにある田園体験区域では、田植えを経験する人達が、全身泥まみれになって頑張っていた。

古民家主屋(旧金子家)
古民家主屋(旧金子家)
さくらなみ池
さくらなみ池

 戸塚区の丘陵地に広がる公園で、農村風景や山里の風景を残すことを目的に開設されたという。園内はクヌギやコナラ、エゴノキといった雑木林が多い。梅雨の中休みで、晴れ渡った日曜日。公園の中心にある「さくらなみ池」の周辺には、親子ずれが魚釣り(ザリガニ?)を楽しんでいた。

mark飯島市民の森(いいじましみんのもり)

 横浜市内には多くの「横浜市民の森」があるが、この飯島市民の森が最初に訪れた市民の森である。野鳥の森周辺では、コゲラやモズなどの野鳥、されにクワガタやカブトムシなどの昆虫も見つけられる。

飯島市民の森
飯島市民の森
サクラが丘広場
サクラが丘広場

 ここの公園は、地元市民の憩いの場になっているが、ただ、今日は誰一人合うことはなかった。本郷台の入口から、「サクラが丘広場」と「しらはたの森広場」を抜けて、飯島上町バス停へ歩いた。

mark大船観音寺(おおふなかんのんじ)

 観音様の背中の方から、中に入ると観音様の20分の1原形像と十一面観音像が安置されている。そして、外の階段を少し上がると、鎌倉市内を見渡すことができる。

大船観音像
大船観音像
大船観音寺からの眺め
大船観音寺からの眺め

 観音思想の普及と世相の浄化をはかるのを目的として大正期の首相清浦奎吾や枢密顧問官をつとめた金子堅太郎らが造立の計画をたて、昭和4年(1929)、彫刻家山崎朝雲の指導のもとに着工され、昭和9年(1934)にはほぼ輪郭ができあがったが、あいつぐ発起人の死去や資金難、日中戦争の勃発などで、工事は中断された。その後昭和29年(1954)、当時の曹洞宗大本山永平寺貫首高階瓏仙が中心となり五島慶大ら財界人の協力を得て大船観音協会が設立された。寄付浄財を募集し、彫刻家山本豊市の設計による修仏工事が行われ、昭和35年(1960)4月に完成した。

⇒ 舞岡公園周辺 ウォーキングマップ