曹洞宗大本山 總持寺散策
(鶴見)

鶴見駅(JR京浜東北線)~總持寺~鶴見駅(京急本線)
mark總持寺(そうじじ)
三本松関
三本松関
三本松関
三本松関

 福井県の永平寺とならぶ曹洞宗大本山の諸嶽山總持寺である。
 三本松関は総門で、扁額は石川素童禅師が揮毫されたものである。

三門
三門

 昭和44年(1969)に木原崇雲氏の寄進により完成した。楼上には観音菩薩・地蔵菩薩四天王・十六羅漢を祀る。

金剛力士像(吽形)
金剛力士像(吽形)
金剛力士像(阿形)
金剛力士像(阿形)

向唐門(勅使門)
向唐門(勅使門)

 縁起によると、行基がたてた諸嶽寺(現、石川県輪島市)を、元亨元年(1321)にその寺主定賢から譲られた瑩山紹瑾が、寺号を總持寺に改めた。瑩山は後醍醐天皇の意にかない、翌年に「日域無双の禅苑、曹洞出世の道場」という倫旨をうけ、勅願大寺とした。

向唐門(中雀門側)
向唐門(中雀門側)
向唐門(中雀門側)
向唐門(中雀門側)

 禅師の入山式や、正月・7月のみたままつり・11月の御移転記念日の時に開扉される。

中雀門
中雀門

玉兎門
玉兎門
金鶏門
金鶏門

百間廊下
百間廊下
百間廊下
百間廊下

 百間廊下は東西の殿堂群をつなぎ合わせて、外苑と内苑とを分ける廊下で、日々、廊下の雑巾がけが実践されている。

仏殿(大雄宝殿)
仏殿(大雄宝殿)

 2世の峨山韶磧も寺門の興隆につとめた。元和元年(1615)に徳川家康により永平寺と同格の本山に列せられ、加賀藩主前田家から寺領をうけ、大いに発展した。
 仏殿は入母屋・二十屋根の総欅造りで、床は中国風石畳である。七堂伽藍の中心にあり、お釈迦様をお祀りする。

仏殿・大祖堂
仏殿・大祖堂
仏殿(大雄宝殿)
仏殿(大雄宝殿)

大祖堂
大祖堂

 御開山瑩山禅師始め歴代の祖師がたをお祀りする。千畳敷きの堂内では、朝課・晩課のおつとめ等の儀式が行われる。日本一の大きさを誇る本堂である。

大祖堂
大祖堂
大祖堂
大祖堂

北部金鶏門
北部金鶏門
御霊殿
御霊殿

 御霊殿には、後醍醐天皇の尊像、尊儀をはじめ、後村上天皇、後奈良天皇、後陽成天皇、明治天皇、大正天皇、昭和天皇の各ご尊儀が奉安されている。

待鳳館
待鳳館
待鳳館
待鳳館

 本山の迎賓館と呼ばれる建物で、尾張徳川家の旧書院を東京千駄ヶ谷から移築したものである。

放光堂
放光堂
鐘鼓楼
鐘鼓楼

 放光堂は山形県鶴岡市よりの移築で明治44年(1911)に落成した。入母屋総欅造りである。かって本堂であったが、今は位牌堂として使われ、檀信徒法要、仏前結婚式などが行われる。

衆寮
衆寮
大僧堂
大僧堂

 衆寮は坐禅禅堂として一般参禅者に解放されている。
 大僧堂は修行僧のみが生活している根本修行道場である。朝夕の坐禅、食事、睡眠が毎日規則正しく行われる。

雲水群像
雲水群像
雲水群像
雲水群像

 雲の行くまま、水の流るるままの拓鉢遍路をして精進する僧を、雲水と呼ぶ。

北部玉兎門
北部玉兎門
墓地
墓地

石原裕次郎さんのお墓
石原裕次郎さんのお墓
妻・石原まき子の碑
妻・石原まき子の碑

三松閣
三松閣
香積台
香積台(総受付)

 三松閣は平成3年(1991)に檀信徒研修道場として完成した。4階に大講堂がある。
 香積台は総檜、切妻様式で、中に、大きなしゃもじとすりこぎ棒、大黒尊天が祀られている。

三宝殿
三宝殿
大梵鐘
大梵鐘

 大梵鐘は重さ1.9t、定時に撞かれるほか除夜の鐘として有名である。

平成救世観音
平成救世観音
祈りの鐘
祈りの鐘

 平成救世観音は平成23年(2011)に発生した東日本大震災慰霊のため、平成25年(2013)3月に仏殿横より還された。
 祈りの鐘は東日本大震災の七回忌に当たる平成29年(2017)3月に建立した。3口のベルに江川禅師さまご揮毫の「施・無・畏」が刻まれている。

⇒ 鶴見周辺 ウォーキングマップ