深川・隅田川花火大会

 清澄庭園は明治の代表的「回遊式林泉庭園」。全国の奇岩名石を配した池を巡れば四季折々の表情があります。涼亭、磯渡り、芭蕉句碑などの見所が沢山。芭蕉稲荷神社と芭蕉庵史跡展望庭園の芭蕉像などを紹介。そして、夏の風物詩「隅田川花火大会」を楽しむことが出来ます。(7分26秒)

mark清澄庭園(きよすみていえん)

 この地には紀伊国屋文左衛門の別荘があったといわれている。享保年間(1716~36)以降は、下総(千葉県)関宿の大名久世大和守の下屋敷、明治初期には前島密(1835~1919、近代郵便制度の確立者)の屋敷となり、明治11年(1878)三菱財閥の創設者岩崎弥太郎(1834~85)が買い取って、別荘として造園した。

清澄庭園
清澄庭園

芭蕉句碑(古池や かはづ飛び込む 水の音)
芭蕉句碑(古池や かはづ飛び込む 水の音)

涼亭
涼亭

芭蕉稲荷神社(芭蕉庵跡)
芭蕉稲荷神社(芭蕉庵跡)

芭蕉庵史跡展望庭園の芭蕉像
芭蕉庵史跡展望庭園の芭蕉像

⇒ 富岡八幡宮周辺 ウォーキングマップ

週末ウォーキング