元気なカモたち
(新宿御苑)

 冬になると新宿御苑の水辺や緑地を求めて、たくさんの野鳥がやってくる。大小さまざまな池には、羽根を休めるカモの仲間が集まってくる。(3分3秒)

mark新宿御苑(しんじゅくぎょえん)

 江戸時代には信州高遠藩内藤家(3万3000石)の下屋敷があった所で、隣接地をあわせて、明治初年、明治政府の殖産興業政策の一環として、農作物試作試験場として発足したが、明治11年(1878)、内務卿大久保利通によって試験場は農学校とされ、目黒の駒場に移転した。明治39年(1906)5月、日露戦争の戦勝祝賀と開苑式を兼ねて明治天皇の行幸があり、以降新宿御苑と呼ぶようになった。その後さらに沼沢部が改修されて、日本式庭園も追加されるが、これは内藤家下屋敷時代のものも継承しており、樹齢400年を誇る巨木も少なくない。

スイセン(ペーパーホワイト)
スイセン(ペーパーホワイト)

スイセン
スイセン

10月サクラ
10月サクラ

カモ
カモ

旧御凉亭
旧御凉亭

玉藻池
玉藻池

⇒ 新宿御苑周辺 ウォーキングマップ

週末ウォーキング