箱根 仙石原すすき草原

 「かながわの景勝50選」「かながわの花の名所100選」にも選ばれている名所。10月中旬から11月中旬には黄金色のススキが見られる。(1分39秒)

mark仙石原高原(せんごくはらこうげん)

 仙石原高原は、箱根古期外輪山と中央火口丘にはさまれたカルデラ底にある標高650から700mの高原地帯は、仙石原と呼ばれている。その昔源頼朝が、この雄大な原野を眺めて「この地を開墾すれば米千石はとれるだろう」と言ったことが、地名のおこりだと伝えられている。
 約2万8000年前、箱根火山帯のひとつである神山噴火により、早川がせきとめられ、現在湿原として名残りをとどめている湖が形成された。さらに、3000年前の神山水蒸気爆発により、声ノ湖と分断され、下流側は排水、乾燥化が進み現在のような高原になった。

仙石原すすき草原
仙石原すすき草原

仙石原すすき草原
仙石原すすき草原

仙石原すすき草原
仙石原すすき草原

仙石原すすき草原
仙石原すすき草原

仙石原すすき草原
仙石原すすき草原

⇒ 仙石~湖尻周辺 ウォーキングマップ

週末ウォーキング