東長寺
(福岡藩主黒田家墓所)

 弘法大師が唐より博多に帰着した際、持ち帰った仏像・書物などを収納するために船宿を買い取り、大同元年(806)に寺としたのが始まりとされる。(1分57秒)

mark東長寺(とうちょうじ)

 福岡藩第二代藩主黒田忠之により再建された。また、本尊の木造千手観音立像は国重要文化財である。平成4年(1992)には木造座像としては国内最大級の「福岡大仏」が健立された。

東長寺
東長寺

六角堂
六角堂

本堂
本堂

五重塔
五重塔

福岡藩主黒田家墓所
福岡藩主黒田家墓所

福岡藩第二代藩主黒田忠之の墓
福岡藩第二代藩主黒田忠之の墓

福岡藩第三代藩主黒田光之の墓
福岡藩第三代藩主黒田光之の墓

福岡藩第八代藩主黒田治高の墓
福岡藩第八代藩主黒田治高の墓

週末ウォーキング