早咲きの菜の花が咲く開聞岳・池田湖

九州一周
羽田空港~長崎空港~ハウステンボス~西海橋~長崎
長崎~オランダ坂~孔子廟~グラバー園~出島和蘭商館跡~眼鏡橋~雲仙地獄~熊本島原フェリー~熊本
熊本~熊本城~水前寺公園~仙厳園(磯庭園)~指宿
指宿~開聞岳・池田湖~知覧の武家屋敷庭園~特攻平和観音堂~桜島~宮崎
宮崎~宮崎神宮・平和台公園~高千穂峡~神角寺~久住高原
久住高原~阿蘇山(仙酔峡)~阿蘇神社~大観峰~福岡
福岡~櫛田神社~筥崎宮~東公園~中洲~福岡
福岡~福岡空港~帰路の飛行機~羽田空港
mark指宿(いぶすき)

 指宿白水館は客室205室の大きな情緒ある旅館である。砂むし温泉、江戸時代の風呂を再現した元禄風呂、ギャラリー(白水・薩摩・三彩)など施設面、そして薩摩の歴史を知る上でとても優れている旅館である。夕食のお膳には「指宿のソラマメ、オクラ」、「錦江湾のキビナゴ」、「鹿屋の鹿児島黒豚」など地元の名産品の料理が並べられていた。

指宿白水館
指宿白水館
中国民族器楽三重奏
中国民族器楽三重奏

 夕食後、玄関ロビーでは、中国民族器楽三重奏「胡弓の調べ」の演奏があり、集まった宿泊者は「ふるさと」「旅愁」「荒城の月」など懐かしい歌の数々に聞き惚れていた。翌日、指宿白水館から国道226号に戻り山川町に向かって走って間もなく、円錐形の美しい開聞岳(薩摩富士)が正面に見えてくる。標高922mの開聞岳は、薩摩富士とよばれ薩摩半島最高峰である。コニーデ型火山であるが、8合目以上はトロイデ型で、トロコニーデ型火山という。古来開聞岳は、琉球・奄美への南海航路の道標であり、第二次世界大戦中知覧飛行場からとびたった特攻機の目印であった。また、山岳信仰の霊山で山伏の修行の道場でもあった。大正4年(1915)以来火山活動は停止状態である。

mark開聞岳(かいもんだけ)
国道226号からの開聞岳
国道226号からの開聞岳

 開聞から池田湖へ向い、池田湖畔にある池田湖パラダイスで休憩。ここの売店の一番奥で、大ウナギ数匹の姿を水槽の中に見ることが出来た。菜の花はまだ満開とはいかないが、池田湖と開聞岳をバックに早咲きの菜の花の景観が良い。

池田湖パラダイス
池田湖パラダイス
大ウナギ
大ウナギ(体長1.3m、体重17kg、胴回り20cm)

 池田湖は、周囲15km・面積11k㎡の九州最大の湖である。火山の陥没によるほぼ円形に近いカルデラ湖で、水面下42mに湖底火山丘がある。豊富な水量を利用した潅漑用水路の開削が行われ、一帯の畑作地域に利用されている。

早咲きの菜の花
早咲きの菜の花

 湖中には体長1mをこす大ウナギが生息している。古くから神竜伝説があり、『三国名勝図会』にも竜王についての池王明神の故事が記載されている。

週末ウォーキング