にしん御殿・旧青山別邸

旭川空港~北一硝子三号館~小樽オルゴール堂~祝津海岸~旧青山別邸~サッポロビール園~札幌
札幌~北大~道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)~YOSAKOIソーラン祭り~旭川
旭川~美瑛~旭川空港
mark旧青山別邸(きゅうあおやまべってい)
北海道屈指の歴史的な豪邸
北海道屈指の歴史的な豪邸

 青山家二代当主政吉が、娘夫婦の民治・政恵とともに6年の歳月と、当時の金額で31万円の費用をかけて建設し、大正12年(1923)に完成した豪華絢爛な邸宅である。当時、東京新宿の伊勢丹デパート建築費が50万円ほどであったという。青山家は、山形県の出身で、政吉は「鰊大尽」と当時の人びとによばれた青山家最盛期の当主である。山形県酒田から宮大工がよび寄せられ、酒田のケヤキが大量に運ばれた。この邸宅は、酒田市にある当時日本一の地主とうたわれた本間家の邸宅に魅せられた、当時17歳の政恵の「本間家本邸以上のものをこの祝津に」との決心による。春告魚ともよばれたニシンの群来が、政恵の長年の夢をかなえたのである。

ニシンを掴み取りする木彫り
ニシンを掴み取りする木彫り
庭(中央にある大きな石は北海道の形)
庭(中央にある大きな石は北海道の形)

春慶塗り廊下の手作りガラス
春慶塗り廊下の手作りガラス
かもめを呼ぶ少女像(北浜橋)
かもめを呼ぶ少女像(北浜橋)

 祝津から小樽市街地に戻る途中に、北運河に架かる北浜橋でタクシーを止め、斉藤吉郎先生の「かもめを呼ぶ少女像」の写真を撮る。この北運河付近には小樽運河公園、旧日本郵船小樽支店、鱗友市場がある。

週末ウォーキング