桜まつり開催 椿園

伊東温泉~三原山~波浮港~椿園~天城高原
天城高原~浄蓮の滝・旧天城トンネル~唐人お吉記念館~寝姿山自然公園~伊豆高原桜並木~伊東温泉
mark椿園(つばきえん)

 波浮港見晴台から少し走った所に、筆島海岸の筆島が正面に見える展望台がある。

筆島(日本の渚100選)
筆島(日本の渚100選)

 その姿が筆の穂先に似ていることから筆島と呼ばれている。海中から高さ約30m程あり、後ろの断崖絶壁とあわせてダイナミックな景観が楽しめる。サーフポイントとしても人気の高いスポット。また、ここは200万年程前は火山活動の活発だった場所で、この筆島は火山の火道で固まった溶岩だと考えられている。

椿園
椿園
椿
椿

 大島の東海岸にある都立大島公園は、自然の地形を生かして整備された総面積約327haの広大な公園。その中心となるのが椿園と椿資料館。椿園には、園芸品種約450種3700本と、自生するヤブツバキ約5000本を有する日本最大規模の椿の植物園だ。

大島桜
大島桜
大島桜
大島桜

 伊豆諸島に自生するほか、房総や伊豆半島では野生化している。高さ10~15mになる落葉高木で、各地で植栽もされている。葉は有柄で倒卵状楕円形。3~4月、新葉とともに径3~4cmの白色、香りのある花を3~4個散房状につける。
 大島公園の椿園前では「桜まつり」が行われていた。そして、お土産の店や「あんこさんの手踊り」などに、大勢の観光客が集まっていた。

「桜まつり」の会場
「桜まつり」の会場

 大島の最大のイベントの椿まつりに続いて、大島公園及び周辺の大島桜の開花時期に合わせて「桜まつり」を開催いたします。大島公園の椿園の園芸種もまだまだ残っており、この時期は椿と大島桜の両方の花が楽しめる。
 ○出店・お土産・特産品コーナー・陶芸体験
 ○あんこ衣装の無料貸し出し
 ○あんこさんの手踊り
 ○甘酒の無料サービスコーナー

あんこさんの手踊り
あんこさんの手踊り
あしたば(明日葉)
あしたば(明日葉)

 あしたば(明日葉)は、葉と茎を食用にする。味に独特のクセがあるため、天ぷらやバター炒め、おひたし、マヨネーズ和え等、多少クセを殺す調理法がとられる。特に伊豆大島では、あしたばを椿油で揚げた天ぷらが名物料理になっている。

出港の別れ
出港の別れ
初島
初島

 初島は海底が隆起して海上に姿を現した海成段丘(隆起と海水の侵食によって出来た地形)の島と言われている。現在初島灯台が建っている第1段丘(島内最高地点;海抜約50m)付近は、地質学的な調査によると2万年ほど前に海上に姿を現したと観られている。

週末ウォーキング