浄蓮の滝・旧天城トンネル

伊東温泉~三原山~波浮港~椿園~天城高原
天城高原~浄蓮の滝・旧天城トンネル~唐人お吉記念館~寝姿山自然公園~伊豆高原桜並木~伊東温泉
mark浄蓮の滝(じょうれんのたき)

 宿泊先の天城高原から伊豆スカイラインの冷川ICで降りて、県道59号(伊東西伊豆線)を通り湯ケ島へ出る。

浄蓮の滝
浄蓮の滝(日本の滝100選)

 天城山系の奥深くにある、伊豆随一の名瀑。高さ25m、幅7mの美しい滝は、平成2年(1990)に日本の滝100選にも選ばれている。入口から200段近くを下れば、水しぶきをあげて落ちる滝を間近に見ることができる。

滝見茶屋
滝見茶屋
山魚の炭火焼
山魚の炭火焼

石川さゆりの「天城越え」
石川さゆりの「天城越え」
「伊豆の踊子」像
「伊豆の踊子」像

 踊子歩道は天城の象徴ともいえる浄蓮の滝が起点とし、曲がりくねった道を進むと旧天城トンネルや松並木が現れ、釜滝を皮切りに7つを数える河津七滝とも次々に出会える。湯ケ野の伊豆の踊子碑でゴールである。

mark旧天城トンネル(きゅうあまぎトンネル)
川端康成のレリーフ
川端康成のレリーフ
伊豆の踊子文学碑
伊豆の踊子文学碑

 川端康成は明治32年(1899)大阪生れ。東京帝国大学国文学科卒業。一高時代の大正7年(1918)の秋に初めて伊豆へ旅行、旅芸人の一行と知り合う。以降約10年間毎年、伊豆湯ヶ島湯本館に長期滞在する。菊池寛の了解を得て大正10年(1921)、第六次「新思潮」を発刊。新感覚派作家として独自の文学を貫いた。昭和43年(1968)ノーベル文学賞受賞。昭和47年(1972)4月16日、逗子の仕事部屋でガス自殺を遂げた。

天城路
天城路
天城山隧道
天城山隧道

旧天城トンネル
旧天城トンネル(天城山隧道)(国重要文化財)

 天城山隧道は、下田街道の改良工事の一環として、明治34年(1901)に貫通、同37年に完成した。全長445.5メートル、幅員4.1メートル、トンネル両側の杭門及び内部全体が切石積で造られ、川端康成の小説「伊豆の踊子」をはじめ、多くの文学作品に登場するトンネルとして広く親しまれている。踊子歩道を歩くハイカーも多く、時間の余裕ある時には、是非歩いて見ては如何でしょうか?

週末ウォーキング