日本民家園散歩
(向ヶ丘遊園)

向ヶ丘遊園駅(小田急線)~生田緑地散歩~日本民家園散歩~向ヶ丘遊園駅(小田急線)
mark日本民家園(にほんみんかえん)
正門
正門

 日本民家園は昭和42年(1967)に開園した古民家を集めた野外博物館で、園内には農村舞台や船頭小屋、穀物をおさめた高倉も含めて24の民家が復元・保存されている。そのうち7棟は国重要文化財である。
 園内は宿場・信越の村・関東の村・神奈川の村・東北の村などのブロックに分けられ、地域の特徴ある民家が集められている。たとえば、信越の村の旧江向家住宅は合掌造の住宅であり、東北の村の旧工藤家住宅は南部領に分布する曲屋である。この博物館の特色は、たんに民家の収集にとどまらないところにある。家屋内には農具、機織り、藁細工などの生活用具が展示され、園内の通路には道祖神、庚申塔、馬頭観音などの信仰にかかわる石造物や、石橋・道標などの交通関連の遺物が配置されており、人びとの生活の諸相にふれることができる。
 ※住宅写真説明文は、「川崎市立日本民家園」ページからの抜粋です。

【宿場】

原家住宅
原家住宅
原家住宅
原家住宅

 川崎市中原区小杉陣屋町に所在した大地主の主屋です。
 原家の伝承によると、当住宅の建築は22年を要し、驚くほど慎重に家づくりを行ったことが伺われます。

鈴木家住宅
鈴木家住宅
鈴木家住宅
鈴木家住宅

 奥州街道の宿駅、八丁目宿の旅籠(はたご=宿屋)でした。南部駒(なんぶごま)を白河(福島県)方面の競り市(せりいち)に出す馬喰(ばくろう=馬商人)や、馬を世話する馬方(うまかた)を泊めた馬宿(うまやど)で、馬は土間(どま)に、馬方は中二階に、馬喰や武士は一階の座敷に宿泊しました。

井岡家住宅
井岡家住宅
井岡家住宅
井岡家住宅

 奈良の柳生街道(やぎゅうかいどう)に面した商家でした。古くは油屋を営み、のちに線香屋としてその製造販売を行っていました。

佐地家の門・供待
佐地家の門・供待
佐地家の門・供待
佐地家の門・供待

 もと名古屋城の東南にあり、禄高(ろくだか)二百五十石の武家屋敷の出入口でした。主屋(おもや)は名古屋に残されたため、現在は旧三澤家住宅を主屋に見立てて配置しています。

三澤家住宅
三澤家住宅
三澤家住宅
三澤家住宅

 中山道(なかせんどう)から分かれる伊那(いな)街道の宿駅、伊那部宿(いなべじゅく)にありました。農業を主とし、代々組頭(くみがしら)をつとめてきましたが、江戸時代の末に製薬・売薬業を始めて成功しました。

【信越の村】

水車小屋
水車小屋
水車小屋
水車小屋

 水車は使用目的によって二種類に分類できます。ひとつは灌漑(かんがい)などで水を上げるのにつかうもの、もうひとつは動力として用いるものです。

佐々木家住宅(国重要文化財)
佐々木家住宅(国重要文化財)
佐々木家住宅
佐々木家住宅

 名主(なぬし)の家で、長大で軒(のき)が高く、中二階の採光のために屋根の東側を「かぶと造」としています。こうした外観の特色のほか、普請帳(ふしんちょう)や記録によって家の歴史がわかる点で重要な民家です。

江向家住宅(国重要文化財)
江向家住宅(国重要文化財)
山田家住宅
山田家住宅

 江向家住宅は向家住宅名主(なぬし)の家で、長大で軒(のき)が高く、中二階の採光のために屋根の東側を「かぶと造」としています。こうした外観の富山県の五箇山(ごかやま)地方は、岐阜県の白川地方とともに合掌造(がっしょうづくり)で知られています。しかし、それぞれ特徴があり、五箇山でも庄川(しょうがわ)本流と支流の利賀谷(とがだん)とでは違いが見られます。
 山田家住宅の住宅があった桂集落は、秘境といわれた五箇山でも特に辺境にありました。桂に一番近い集落は国境を越えた加須良(飛騨)でした。そのため山田家は切妻造の外観など、五箇山にありながら飛騨白川の影響を受けたと考えられています。高度成長とともに過疎化が進行して昭和45年に解村し、現在は桂湖というダム湖に沈んでいます。

野原家住宅
野原家住宅
山下家住宅
山下家住宅

 「越中五箇山」とは、庄川本・支流域の五つの谷(赤尾谷、上梨谷、下梨谷、小谷、利賀谷)を中心とした地域の総称です。野原家は庄川支流域の利賀(とが)谷にあった合掌造で、庄川本流域の合掌造とは間取りや構造に違いがあります。
 山下家住宅は川崎駅前で観光料亭に利用されていたものを、民家園に再移築したものです。このような経緯から、復原せず、料亭時代の改造を活かした箇所が少なくありません。二階へ上がる階段も料亭時代のものです。

【関東の村】

作田家住宅(国重要文化財)
作田家住宅(国重要文化財)
作田家住宅
作田家住宅

 イワシ漁で栄えた九十九里にありました。漁具小屋は海岸近くにあり、この家そのものは内陸に立地していたため、漁村の家の雰囲気はありません。 外観は二棟が軒を接しているように見えます。これを分棟型(ぶんとうがた)と呼び、クリの木の半割丸太(はんわりまるた)をくり抜いた大きな雨樋(あまどい)が二つの屋根をつないでいます。

沖永良部の高倉
沖永良部の高倉
六地蔵
六地蔵

 高倉といえば東大寺の正倉院校倉(あぜくら)が有名ですが、沖縄・奄美諸島、九州南端、八丈島など黒潮の流れに沿った地域には、柱の上に茅葺屋根をのせた高倉が分布しています。
 六地蔵は仏教の六道道輪廻すの思想に基づき、六体の地蔵がそれぞれ六道で苦しむ衆生を救うといわれている。

広瀬家住宅
広瀬家住宅
広瀬家住宅
広瀬家住宅

 甲府盆地の民家は切妻造(きりづまづくり)の妻壁(つまかべ)に柱を見せ、屋根中央を「突き上げ二階」とする形式が知られています。この家も移築前はそのような姿でしたが、調査の結果、当初は二階がなかったことがわかりました。屋根裏を養蚕(ようさん)に利用しはじめたことにより、突き上げ二階としたのです。

太田家住宅(国重要文化財)
太田家住宅(国重要文化財)
太田家住宅
太田家住宅

 二棟が軒を接して建つ、分棟型(ぶんとうがた)の民家です。大戸口(おおどぐち)を入ると広い空間がひろがっています。ドマの右手がウマヤ、左手が主屋(おもや)です。主屋は日常生活の場であるヒロマ、寝室であるヘヤ、そして畳敷きのザシキに分かれます。ザシキは正式な部屋で、この部屋に客人が訪れる際には土庇(どびさし)が出入口となりました。

【神奈川の村】

北村家住宅(国重要文化財)
北村家住宅(国重要文化財)
北村家住宅
北村家住宅

 特筆されるのは、建築年代がはっきりしていることです。加えて、建築としても非常に優れており、日本で最も重要な民家の一つといえます。建築年代は、柱の先端に墨(すみ)で記されていました。これを墨書(ぼくしょ)といい、理兵衛という大工の棟梁(とうりょう)の名前も明らかになっています。

清宮家住宅
清宮家住宅
伊藤家住宅(国重要文化財)
伊藤家住宅(国重要文化財)

 清宮家住宅の屋根は頂上を土の重さで押さえ、その土が落ちないよう草花が植えてあります。これは「芝棟(しばむね)」と呼ばれ、武蔵国西部の素朴な農家の姿を伝えています。
 伊藤家住宅の土間(どま)はミソベヤとダイドコロに分かれています。ヒロマ境の一番奥は板の間を張り出して炊事場(すいじば)とし、「すわり流し」 と水がめが置かれています。ヒロマは家の中心となる部屋で、囲炉裏(いろり)の後方は台所、前方は日常生活や接客の場として使われました。ここは竹簀子でできた床です。

蚕影山祠堂
蚕影山祠堂
岩澤家住宅
岩澤家住宅

 蚕影山祠堂は蚕影山祠堂川崎市麻生区の東光院境内にあったもので、養蚕(ようさん)の神「蚕影山大権現(こかげさんだいごんげん)」を祭った宮殿(くうでん)と、その覆堂(さやどう)から成っています。覆堂の茅葺(かやぶき)屋根は、頂上を土と草で固める芝棟(しばむね)で、春にはイチハツが咲き誇ります。宮殿は正面に唐破風(からはふ)を設けた春日造風の社で、浮き彫りの彫刻を施しているのが特徴です。
 岩澤家住宅は名主(なぬし)もつとめた農家の家でした。谷間の斜面に敷地をひらき、江戸時代は炭焼きを中心に、焼畑(やきはた)農業や林業を仕事にしていました。

【東北の村】

菅原家住宅
菅原家住宅
工藤家住宅(国重要文化財)
工藤家住宅(国重要文化財)

 湯殿山麓の田麦俣(たむぎまた)集落やその周辺には、ハッポウ造と呼ばれる独特の民家が分布しています。養蚕のために二層三層をつくり、屋根に高窓(ハッポウ)を設けて採光の工夫をしたその姿は、非常に特徴的です。
 主屋(おもや)の前に馬屋(うまや)を突出させたL字型の民家は、旧南部藩領(なんぶはんりょう、岩手県)に多いことから「南部の曲屋(まがりや)」として知られています。これは、南部馬(なんぶうま)の飼育が盛んになる江戸時代中期に工夫された形式と考えられます。宝暦(ほうれき)頃に建てられた工藤家は現存最古の曲屋の一つといえます。民家園の中で一番敷地面積の広い家です。

⇒ 生田緑地周辺 ウォーキングマップ