生田緑地散歩(ハナショウブ)
(向ヶ丘遊園)

向ヶ丘遊園駅(小田急線)~生田緑地散歩~日本民家園散歩~向ヶ丘遊園駅(小田急線)
mark生田緑地(いくたりょくち)
東口
東口
菖蒲園
菖蒲園

ハナショウブ
ハナショウブ(花の名所100選)

 ハナショウブが咲きほこる菖蒲園。毎年6月中旬頃に、紫や白色のハナショウブ約2,800株が一面に咲き誇る。

ハナショウブ
ハナショウブ
ハナショウブ
ハナショウブ

ハナショウブ
ハナショウブ

ハナショウブ
ハナショウブ
ハナショウブ
ハナショウブ

ハナショウブ
ハナショウブ

ハナショウブ
ハナショウブ
ハナショウブ
ハナショウブ

ハナショウブ
ハナショウブ

ハナショウブ
ハナショウブ
ハナショウブ
ハナショウブ

ハナショウブ
ハナショウブ
ハナショウブ
ハナショウブ

中央広場
中央広場(公園50選)

 川崎市の西北部に位置し、多摩丘陵の一角に175.9ヘクタールという広大な計画区域の生田緑地は、昭和16年(1941)、等々力緑地などと同様、防空大緑地の一つとして都市計画決定された。直ちに用地買収事業が始まり、約50パーセントの買収が進んでクヌギ、コナラ、ハンノキ等の自然林の景観を生かしながら芝生広場、奥の池、ばら苑、菖蒲園等がある。

客車
客車
D51型蒸気機関車
D51型蒸気機関車

 この客車は、昭和23年(1948)に日本車両製造株式会社で造られ、国鉄常磐線経由東北線の上野~青森間を約37年間に555万km、走りつづけ、昭和60年(1965)3月4水戸機関区で廃車となった。
 D51型蒸気機関車は、昭和15年(1915)4月12日、日本車両で造られ、北陸線、山陽線、山の手線などでおもに貨物輸送に活躍した。

宙と緑の科学館
宙と緑の科学館
1F展示室
1F展示室

 1F展示室では川崎の自然を「川崎の大地」「丘陵の自然」「街の自然」「多摩川の自然」「生田緑地ギャラリー」の5つのコーナーに分けて紹介している。

ホンドタヌキ
ホンドタヌキ
ウグイス
ウグイス

アジサイ山
アジサイ山
アジサイ
アジサイ

奥の池
奥の池
民家園奥門へ
民家園奥門へ

⇒ 生田緑地周辺 ウォーキングマップ