円海山・大丸山ハイキング
(金沢八景~港南台)

金沢八景駅(京急本線)~相武随道~上郷・森の家~金沢自然公園~氷取沢市民の森~瀬上市民の森~港南台駅(JR根岸線)
mark相武随道(そうぶずいどう)

 五月晴れの日曜日、栄区・金沢区に広がる円海山・大丸山の緑地帯のハイキングコースを散歩した。初夏のさわやかな森林を楽しむ人達で、沢山ある散歩ルートのいずれも賑わっていた。

相武随道の出口
相武随道の出口

 金沢八景の駅を降りて、環状4号線を上郷町に向って1時間ほど歩く。金沢区から栄区に通じる相武随道の中では、車の騒音と排気ガスに悩まされ、「もう絶対にここは通りたくない」と自問自答しながら歩いた。確かに、500mほどのうす暗いトンネルの中を歩いている人は誰もいなかった。

mark上郷・森の家(かみごう もりのいえ)

 源氏ヶ丘バス停から右に入り、約5分歩いた所に「上郷・森の家」がある。新しい本館の建物には、宿泊施設、ミーティングルームや9種類の風呂とサウナなどがある。
(ホームページ上郷森の家・森の食堂)

上郷・森の家
上郷・森の家
多目的広場
多目的広場

 少し小高い所にある多目的広場では、バ-ベキューを楽しむ数組の人達がいた。直ぐそばの森からは「ホーホケキョ」と鳴くウグイスの声が聞こえ、自然を身近に感じることが出来る絶好の場所である。

mark金沢自然公園(かなざわしぜんこうえん)

 関谷見晴台から、六国峠ハイキングコースで金沢自然公園へ向う。途中、横浜横須賀道路の陸橋へ降りる階段からは、八景島がはっきり見えた。

関谷見晴台
関谷見晴台
円海山・大丸山ハイキングコース
円海山・大丸山ハイキングコース

 金沢自然公園は動物園と植物区に分けられ、動物園には世界の珍しい動物が集められている。しだの谷入口から植物区に入り、「ののはな館」では冷たいコーラーを飲み休憩を取った。

ののはな館の近くから「植物区」を見下ろす
金沢自然公園(公園50選)

 横浜市の南部に指定されている円海山、北鎌倉近郊緑地保全区域に含まれ、釜利谷、氷取沢、瀬上、金沢といった四つの市民の森にも接しているので、この丘陵一帯が一大緑地圏を形成している。
 公園は「動物園エリア」と「植物区エリア」に分かれ、「動物園エリア」では、おもに大型希少草食動物の展示が行われ、日本でココだけでしか見られない動物をはじめ、世界でも絶滅の危機に瀕している動物が飼育されている。また、「植物区エリア」には、動植物の展示コーナーのある「ののはな館」、自然散歩路などがある。

mark氷取沢市民の森(ひとりざわしみんのもり)

 ののはな館から氷取沢市民の森へ向う道は、ちょっと迷いやすい所だが、釜利谷JCTの下を通り、十分ほどで「なばな休憩所」へ着いた。

全体地図
全体地図
森林の道
森林の道

 円海山を頂上にして馬てい型の森で、山頂の広場からは横浜港や相模湾が見える。今日は森林の中の道を登ったり、下だったりの連続で随分疲れる。そして、森林の道では人陰も少なく、「マムシ(毒ヘビ)が出ます」の立札を多く見かけ、あまりいい気分で歩くことが出来なかった。

mark瀬上市民の森(せがみしみんのもり)
池の下広場
池の下広場

 地形の変化に富んだ敷地内は、瀬上池を中心にして自然のままの雑木林が広がっている。 瀬上市民の森の中心にある「池の下広場」まで着くと、今日は円海山・大丸山ハイキングコースの全体を散歩したという充実感があった。

⇒ 金沢自然公園周辺 ウォーキングマップ