冬の大宮公園
(県立歴史と民俗博物館)

大宮駅(JR高崎線)~大宮氷川神社~大宮公園~大宮公園駅(東武野田線)
mark大宮公園(おおみやこうえん)
白鳥の池
白鳥の池

大宮公園
大宮公園
日本庭園
日本庭園

 大宮公園は、大宮駅から北東に約1kmに位置し、明治18年(1885)、太政官布達により氷川公園の名称で誕生し、同31年に県が管理することになった。現在ある県営公園の中では最も長い歴史を持つ公園である。樹齢百年を超える赤松がそびえる赤松林や、名物の1,200本もの桜をはじめ、新緑や紅葉が美しい樹木がたくさんあり、四季おりおりの変化が楽しめる。

自由広場のソメイヨシノ
自由広場のソメイヨシノ

 日本の「公園の父」といわれ、日比谷公園を設計した偉人・本多静六(埼玉県久喜市)による、埼玉県で最初の公園である。約1200本の桜と樹齢100年を超える赤松林があり、紅葉も美しい。園内の歴史解説板を見ながら散歩すれば、歴史と自然を身近に感じることができる。日本さくら名所100選に選ばれている。

児童スポーツランド
児童スポーツランド
行啓記念碑
行啓記念碑

 行啓記念碑は、大正9年(1920)10月15日に、皇后陛下が氷川神社にお立ち寄りになられたことを記念して、建てられたものである。

ボート池
ボート池

埼玉県護国神社
埼玉県護国神社

 昭和9年(1934)4月9日埼玉県招魂社として設立鎮座し 同14年3月神社制度の改正により 埼玉県護國神社と改称され4月に指定護国神社となり 例大祭には神饌幣帛の供進がなされたことになった。昭和21年(1946)2月神社制度の変革により宗教法人埼玉県護国神社と改められ更に昭和23年(1948)10月埼霊神社と改称。同27年再び埼玉県護国神社と改称し現在に至る。

埼玉県立歴史と民俗の博物館
埼玉県立歴史と民俗の博物館
埼玉県立歴史と民俗の博物館
埼玉県立歴史と民俗の博物館

 昭和46年(1971)11月県立博物館として誕生、平成18年(2006)4月に博物館の再編により歴史と民俗の博物館として生まれ変わり、平成23年(2011)11月で40周年を迎えた。館内には、「埼玉における人々のくらしと文化」を歴史・民俗・美術という3つのジャンルで紹介する10の常設展示室があり、一部展示替えを繰り返し、いつ来ても楽しい展示を心がけている。

復元住宅
復元住宅

 博物館の周辺は「県指定史跡 大宮公園内遺跡」と呼ばれ、縄文時代と弥生時代の住居跡が発見されている。弥生時代の終わり頃(3世紀)の住居跡の上に、そのころの住居を復元した。屋根は「切妻形」で、いちばん上に厚い「破風板」を乗せている。住居の床の広さは畳10枚分くらいで、5人くらいの人が住むことができたと考えられる。柱や垂木はクヌギやナラ、クリなどの丸太、屋根や住居入口はカヤとスギ皮を使っている。

旧石器~弥生時代
旧石器~弥生時代
丸木舟と貝塚
丸木舟と貝塚

 日本列島で見つかっている確実な人類の足跡は、年代測定で約30000年前の旧石器時代からである。関東ローム層の中から、狩りなどに使われている石器がたくさん見つかっている。次の縄文時代は約12000年前に始まり、土器や弓矢といった新時代の道具が出現した。今は海なし県の埼玉にもかって海があったことを示す、たくさんの貝塚が残された。弥生時代には大陸から稲作が伝わり、今日のような食料を生産する農耕社会へと大きく変化した。
 丸木舟は、石の手斧を用い、1本の木材をくりぬいたものである。加工する部分を火で焦がしてけずりやすくした工夫がみられる。縄文人は丸木舟を巧みにあやつって、奥東京湾や河沼で漁労に従事し、時には荒海をのりこえて遠方との交易を行うこともあった。

土器
土器

飾馬埴輪
飾馬埴輪
板碑
板碑

 古墳時代後期。長く太い脚と大きなたてがみを持ち、全体のバランスがよく、完成度の高い埴輪である。馬具は轡・手綱・辻金具などの面繋、3個の鈴を配した胸繋・兵庫鎖・鐙などが表現されている。古墳時代後期における馬具の装着状況がよくわかる資料である。
 板石塔婆(板碑)は、鎌倉時代の中頃から戦国時代の末にかけて造立された石の供養塔婆である。これらの板石塔婆は、死者の菩提を弔う追善供養のためではなく、自分自身の死後の供養を生前に行う逆修供養の目的でもつくられた。板石塔婆は全国に分布しているが、関東地方に40,000基以上が集中しており、埼玉県内だけでも27,000基余りが確認されている。

三連碑
三連碑
民俗展示室
民俗展示室

 一つの石に3基を刻んだ板碑(三連碑)は、中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩を示す種子(梵字)で阿弥陀三尊をあらわした板碑である。一つの石に3基を刻む三連碑は類例が少なく貴重である。
 民俗展示室は昭和30年代、和服から洋服への変化、電化製品の普及、住宅の近代化など私たちの生活には大きな変化があった。ここでは高度経済成長期以前の人々の日々の暮らしに焦点をあて、伝統的な衣・食・住を紹介する。

東武鉄道大宮公園駅
東武鉄道大宮公園駅
JR大宮駅
JR大宮駅

 本日、パレスホテル大宮にて、公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会主催の「第17回 ホームページコンテスト2012」受賞式で、シニア部門で最優秀賞を受賞した。

氷川神社へ left right 大宮公園駅へ
週末ウォーキング