砧公園~馬事公苑~代官屋敷~松陰神社
(用賀~三軒茶屋)

用賀駅(東急田園都市線)~砧公園~馬事公苑~世田谷代官屋敷~松陰神社~三軒茶屋駅(東急田園都市線)
mark砧公園(きぬたこうえん)
ファミリーパーク
ファミリーパーク
世田谷美術館
世田谷美術館

 環8と東名高速入口に囲まれた砧公園は都営ゴルフ場の跡地。ゴルフ場の芝生をたっぷりと残してあるので、緑のカーペットが一面に広がり、ひろびろとした印象が強い。ねむの木広場、アスレチック広場、こどもの森、ファミリーパークなどがある。
 砧公園の北側に世田谷美術館がある。昭和59年(1984)着工し、昭和61年(1986)3月完成・開館した最新の美術館である。構成は企画展示場・常設展示場を中心に、区民ギャラリー・講堂その他がある。収蔵作品は1987年現在2300点である。特に、ルソーの「サン・ルイ島」が知られている。

mark馬事公苑(ばじこうえん)
馬の親子像
馬の親子像
ホースギャラリー内の展示
ホースギャラリー内の展示

メインスクエア
メインスクエア
馬事公苑
馬事公苑

 日本中央競馬会が馬(乗馬)に関する知識の普及と馬術の訓練のため、昭和15年(1940)開設した。昭和39年(1964)第18回オリンピック東京大会の馬術競技場として使用された。そのときの優勝記念碑の基礎に 江戸城の石垣を使用した。この石垣には江戸城築造に参加した諸藩の紋所が刻まれている。構内20万㎡の広い敷地で、馬場・走路・参考室・憩いの場がある。

JRA 60周年記念 第46回「愛馬の日」
JRA 60周年記念 第46回「愛馬の日」

 本年は、「母衣引」、「流鏑馬」、「甲冑競馬」、「ばんえい競馬」、「神旗争奪戦」などの伝統馬事芸能披露と、いろいろなエリアで「馬とのふれあい」イベントが開催された。

2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(武田流 流鏑馬)
2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(武田流 流鏑馬)
youtube

2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(甲冑競馬)
2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(甲冑競馬)
youtube

2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(ばんえい競馬)
2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(ばんえい競馬)
youtube

2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(ポニー競馬「第6回ジョッキーベイビーズ」決勝)
2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(ポニー競馬「第6回ジョッキーベイビーズ」決勝)
youtube

2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(神旗争奪戦)
2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(神旗争奪戦)
youtube

2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(馬とのふれあい)
2014.9.23 馬事公苑 愛馬の日(馬とのふれあい)
youtube

mark世田谷代官屋敷(せたがやだいかんやしき)
表門
表門
母屋
母屋

 代官屋敷の表門(長屋門・茅葺)・母屋(寄棟造・茅葺)は、構造手法から17世紀後半から18世紀初期のものと推定され、記録上元文2年(1737)の大改築のときのものとされている。母屋の広間から各室の長押には、槍・薙刀や補物用三つ道具がかけてある。
 代官屋敷の敷地内に、昭和39年(1964)開館し、1987年増改築した世田谷区立郷土資料館がある。世田谷通史の展示、大場家と代官屋敷、あかりのいろいろの特別展示もある。屋外に10点ほどの石造遺物も展示している。ここには二千数百点の古文書があり、うち1366点の大場家文書は都有形古文書類に指定されている。

mark松陰神社(しょういんじんじゃ)
社殿
社殿

 境内には吉田松陰の墓がある。松陰は安政6年(1859)10月27日、江戸天馬町獄舎で死刑、小塚原に葬られた。文久3年(1863)、高杉晋作ら門弟が遺体を毛利家抱屋敷の若林に移葬した。

吉田松陰像
吉田松陰像
吉田松陰の墓
吉田松陰の墓

 天保元年(1830)8月4日、 吉田松陰は長州藩主・杉百合之助の次男として萩城下に生まれた。本名、杉大次郎。6歳の時に叔父で山鹿流兵法の師範であった吉田大助の養子になるが、翌年、義父が死去したことから吉田の家督を相続し、吉田大次郎と改名した。その後、松陰は、叔父の玉木文之進が開いた「松下村塾」に通うようになる。ここで徹底的に兵学をたたき込まれた 松陰は、なんと9歳で藩校「明倫館」の教授見習いとなり、10歳で教授となった。さらに、11歳で藩主・毛利敬親を前に軍学講義を行い、大人たちを敬服させたという。
 墓標は「吉田寅次郎藤原矩方墓」と刻まれ、その向って右に小林民部良展、頼三樹三郎、福原乙之進、左側に来原良蔵・同夫人、綿貫治良助、中谷正亮、野村靖・同夫人の墓など師弟の墓が並んでいる。

mark三軒茶屋(さんげんちゃや)
大山道・旅人の像
大山道・旅人の像
とんかつ「しおじま」
とんかつ「しおじま」

 江戸時代にこの追分の地に信楽(のち石橋屋)・田中屋・角屋の三軒の休み茶屋があり、 矢倉沢往還の目標になっていた。 矢倉沢往還は大山道ともいわれ、青山から世田谷新宿・用賀・二子を経て多摩川をわたり、海老名・伊勢原を過ぎ、足柄峠の矢倉沢に至る道筋であった。
 三軒茶屋はウォーキングの終点になることが多く、歩いた後はいつも決まって、とんかつ「しおじま」の店で美味しいトンカツを頂いていた。

⇒ 馬事公苑周辺 ウォーキングマップ