冬晴れの皇居一周を歩く
(東京)

東京駅(JR東海道線)~皇居外苑~本丸跡~皇居東御苑~東京駅(JR東海道線)
mark皇居外苑(こうきょがいえん)
桜田二重櫓(巽櫓)と桔梗濠
桜田二重櫓(巽櫓)と桔梗濠
和田倉橋と和田倉濠
和田倉橋と和田倉濠

 桔梗門から 桔梗濠に沿って東にむかうと、左手方に三の丸の辰巳(南東)の方向に位置する 桜田二重櫓(巽櫓)が見える。江戸時代には本丸二の丸の辰巳にも櫓があったことから、それと区別するために桜田二重櫓と呼ばれていた。一層の千鳥破風に付属する出窓状の張出しが「石落し」で、下部にあけてある長方形の穴は、この下を監視したり、石を落としたり、弓を射るためのものであった。張出し部の両脇の穴は、弓や鉄砲を撃つためのもので、狭間という。

桔梗門(内桜田門)
桔梗門(内桜田門)
坂下門
坂下門

 三の丸に入る南門、江戸時代には 内桜田門と呼ばれた 桔梗門は通称。太田道灌の桔梗紋の屋根瓦がこの門に残っているから、との説もある。
 皇居前広場の北西に坂下門がある。江戸時代は西の丸下から西の丸への裏門として使われていた。現在では門内右手奥の宮内庁の通用門として使用されている。

宮内庁
宮内庁
蛤濠
蛤濠

正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
二重橋濠
二重橋濠

 現在では一般に 皇居正門に至る 正門石橋(めがね橋)とその奥の 正面鉄橋をあわせて二重橋といっているが、江戸時代に二重橋と呼ばれていたのは、現在の正面鉄橋(かっての西の丸下乗馬)のほうであった。 二重橋濠が深いために木橋の橋桁を二重にしていたことから、2層の橋に見えたので、この名がつけられていた。現在の正面鉄橋は昭和39年(1964)新宮殿の造営に際してかけ直されたものである。

伏見櫓
伏見櫓
皇居正門
皇居正門

 西の丸の南西隅に設けられた二重櫓で、その両側に多聞も残っている。 伏見櫓は伏見城から移築したといわれるが、確証はない。 江戸城には19基の櫓があったが、現存する櫓はこの伏見櫓と富士見櫓・ 桜田二重櫓(巽櫓)の3基だけである。多聞は石垣上に築いた長屋造の建物で、城壁の役割をもち、武器や諸道具の収蔵庫などに用いた。戦国大名の松永久秀が大和(奈良県)の多聞城で初めて築造したことから、多聞の名称が起こったという。

正門石橋(めがね橋)
正門石橋(めがね橋)

正門石橋と伏見櫓
正門石橋と伏見櫓

 一般には皇居前広場として親しまれている。江戸時代には西の丸下と呼ばれ、江戸城の巽(東南)を防備する拠点の郭として、日比谷入江を埋め立てて築造された。馬場先門跡から西にすすむと、皇居で最も美しい景観の一つとされる正門石橋と伏見櫓前に至る。

皇居前広場
皇居前広場
皇居周回ランニング
皇居周回ランニング

馬場先門跡
馬場先門跡
馬場先濠
馬場先濠

楠木正成像
楠木正成像
日比谷濠
日比谷濠

 楠木正成像は、別子銅山創業200年を記念して住友吉左衛門が寄与し、明治30年(1897)造立した。楠木正成(1294~1336)は河内国(大阪府)の土豪で、後醍醐天皇に加勢して建武の新政樹立に貢献し、かっては忠君愛国思想の象徴とされた人物である。この像は、戦いに出陣する勇姿といわれ、人物を高村光雲、馬は後藤貞行が担当して制作した。

桜田門(渡櫓門)
桜田門(櫓門) (国重要文化財)
桜田門(外桜田門)
桜田門(外桜田門)(国重要文化財)

 桜田門は、天正18年(1590)、徳川家康の関東入国当時は小田原口(門)と呼ばれ、柵戸仕立ての門があった。寛永13年(1636)西の丸下の造成にともなって現在の桝形門の形式で築造された。古来以来この付近一帯を桜田郷といっていたことから、三の丸の桔橋門(内桜田門)に対して外桜田門と名づけられた。現在の門は、寛文3年(1663)に再建され、関東大震災後に修理されたもので、現在自由に出入りできる数少ない旧江戸城門の一つである。

2011.2.13 冬晴れの皇居一周(時計回り)
2011.2.13 冬晴れの皇居一周(時計回り)
youtube
凱旋濠
凱旋濠
半蔵門からの桜田濠
半蔵門からの桜田濠

 半蔵門から西の丸の桜田門(外桜田門)にかけての桜田濠はゆるやかなカーブをえがき、土塁の上部にだけ石垣を築く「鉢巻土居」が濠の水に映えて、明るくやわらかな景観をみせる。

半蔵門
半蔵門
半蔵濠
半蔵濠

 半蔵門は皇居吹上御苑への道路であるが、江戸時代も江戸城内濠にかかる重要な門のひとつであった。江戸時代の初期、徳川家康に仕え、忍者出身と伝える伊賀者同心を支配した旗本服部半蔵正成の組屋敷が門内にあったところから命名された。

mark北の丸公園(きたのまるこうえん)
国立近代美術館工芸館
国立近代美術館工芸館
北白川宮能久親王銅像
北白川宮能久親王銅像

 能久親王は、もと輪王寺宮公現法親王といい、明治維新時には彰義隊や奥州越列藩同盟に擁立されて新政府軍と対峙した。のち許されて北白川宮家を継ぎ、近衛師団長として日清戦争に出征し、台湾で戦病没した。この乗馬像は、明治36年(1903)に現在地の約60m東方にあった近衛歩兵第一・第二連隊の正門前に立てられたが、北の丸公園整備計画の一環としてこの場所に移された。
 国立近代美術館の分室として、日本の伝統工芸から近代工芸に至る各種の工芸品を展示している。赤レンガ造の二階建・ストレート葺の屋根・中央部に八角塔屋をもつ簡素にゴジック風の様式をもつこの建物は、明治43年(1910)建築された旧近衛師団司令部庁舎(国重要文化財)である。明治時代の洋風レンガ造建築の一展型で、当時の官公庁建築の貴重な遺構である。

平川濠
平川濠

北桔橋門
北桔橋門
乾濠
乾濠

 天守台の北側に北桔橋門がある。本来は桝形門型式であったが、現在は一の橋の高麗門だけが復元されている。本丸の搦手(城の後側)に当たり、北の丸の田安台地とをつなぐもので、有事には橋をはね上げて敵を遮断できる構造になっていた。
 乾濠は江戸城中で最も重厚壮大で、曲線の変化に富む美しい石垣が見られる。乾濠は、水面から12mに達する高い石垣と塀が続いている。

mark江戸城跡(えどじょうあと)
本丸跡
本丸跡
桃華楽堂
桃華楽堂

 本丸は江戸城の内郭(内堀内)のひとつで、そこにあったのが本丸御殿。江戸城内で最も大きな建築物であり、将軍の居所、幕府の政治の中心となる最重要箇所だったため、防備も堅く周囲は櫓で囲まれていた。本丸御殿の内部は南から表、中奥、大奥の3つの区画に分かれていた。
 桃華楽堂は、香淳皇后(昭和天皇の皇后)のご還暦をお祝いして建設(昭和41年)された音楽堂である。

江戸城跡(天守台)
江戸城跡(天守台)(国特別史跡)
汐見坂
汐見坂

 江戸城は、扇ヶ谷上杉氏の家宰の 太田道灌が、古河公足利成氏との抗争の戦略拠点として築いた平山城である。道灌築城の江戸城は、長くのびた台地の先端部、現在の本丸(皇居東御苑)の位置に築かれていたようで、当時は日比谷の入江に面した海城であった。戦国時代後期には、改修されて卯後北条氏の重要な支城となり、天正18年(1590)徳川家康の関東入部にともない、その居城となる。
 汐見坂は、本丸と二の丸をつなぐ坂道でした。その昔、今の新橋から皇居前広場近くまで日比谷入江が入り込み、この坂から海を眺めることができた。坂の上には、汐見坂門が設けられていた。梅林坂・汐見坂間石垣の修復工事は、平成14年7月から平成17年3月にかけて行われた。石垣を変形前の形状に復元されている。

梅林坂・汐見坂間石垣
梅林坂・汐見坂間石垣
梅林坂の白梅
梅林坂の白梅

 平川門と 本丸を結ぶ坂。江戸後期の地誌「江戸名所図会」に「文明10年(1478)の夏、 太田道灌、ある日一室にありて、午睡のうち霊夢を感じ、翌日菅原道真親筆の画像を得て、ここに観請し、梅樹数百株を栽う。よって 梅林坂の号といふ」とある。千代田区永田町の日枝神社も道灌が観請し、 家康が江戸城内の紅葉山に移す前は、 梅林坂にあったという。

梅林坂の紅梅
梅林坂の紅梅

mark皇居東御苑(こうきょひがしぎょえん)
都道府県の木(茨城県の梅)
都道府県の木(茨城県の梅)
諏訪の茶屋
諏訪の茶屋

諏訪の茶屋と梅
諏訪の茶屋と梅

 皇居東地区に位置する皇居東御苑は、江戸城の中心であった本丸・二の丸と三の丸の一部の約21万m3にあたり、新宮殿の造営と並行して整備・造園され、昭和43年(1968)から一般に公開された。諏訪の茶屋は、明治時代に吹上御苑に建てられ、ご休所として使われていた茶屋を移築したものである。

皇居正門石橋旧飾電燈
皇居正門石橋旧飾電燈
竹林
竹林

二の丸庭園
二の丸庭園
同心番所
同心番所

 江戸時代、二の丸には小堀遠州が造り、三代将軍徳川家光の命で改修されたと伝えられる庭園がありましたが、長い年月の間にたびたび火災で焼失し、明治以降は荒廃していた。現在の回遊式の庭園は、昭和43年の皇居東御苑の公開の開始に当たり、九代将軍 徳川家重の時代に作成された庭園の絵図面を参考に造られたものである。
 「番所」とは、警備の詰所のことで、百人番所、大番所とこの同心番所の3つが残っている。城の奥の番所ほど、位の上の役人が詰めていた。ここには同心が詰め、主として、登城する大名の供の警備に当たっていた。百人番所は、甲賀組、伊賀組、根来組、二十五騎組の4組が昼夜交代で詰めていた。各組には同心が100ずつ配属されていた。

百人番所
百人番所
大手門渡櫓
大手門渡櫓

 大手門渡櫓は元和6年(1620)伊達政宗らの御手伝普請によって築造されたもので、政宗の要した費用は人夫述べ約42万人、黄金2676枚であったという。明暦3年(1657)の明暦の大火で焼失して再建されたが、その後も何回かの修理が行われてきた。桝形内の植え込みの中にある1基の鯱は、明暦の大火後に再建されたときの渡櫓の屋根にあったものである。今の渡櫓は、昭和43年(1968)再建されたものである。

旧大手門渡櫓の鯱
旧大手門渡櫓の鯱
大手濠
大手濠

大手門
大手門

 旧江戸城の正門であって、慶長11年(1606)藤堂高虎の縄張である。慶長11年3月から同12年12月で、天守閣、大手門完成というから1年と9ヵ月で完成したことになる。さらに元和6年(1602)の江戸城修築に際し、伊達政宗、相馬利胤の協力によって現在のような桝形形式の城門となったものといわれている。大手門の警備は、鉄砲30、弓10、長柄20、持筒2、譜代10万石以上の大名がこれを勤めたという。

⇒ 皇居周辺 ウォーキングマップ