国名勝・天然記念物 楽寿園

横浜~三島スカイウォーク~三嶋大社~楽寿園~横浜
mark楽寿園(らくじゅえん)
正門
正門
園内
園内

三島溶岩流
三島溶岩流
常盤の森
常盤の森

 園内では、約1万年前の富士山の噴火の際流れ出た溶岩の上に実生した樹や、野鳥を観察することができる。
 楽寿館西側の常盤の森は、溶岩塚上に生育している樹木が繁茂している。樹種で30数種あり、本数の多いものはイロハモミジ、アラカシ等である。

お休み処「紅葉」
お休み処「紅葉」
郷土資料館
郷土資料館

 郷土資料館は三島の歴史文化を学ぶことができる。期間限定で企画展も開催されている。

楽寿園
楽寿園

 楽寿園は、明治23年(1890)に小松宮彰仁親王が別邸をつくったのがはじまりである。その後、明治44年(1911)季王家に所有権が移り、昭和27年(1952)に三島市が買収した。敷地は約7万㎡である。

すずめヶ池
すずめヶ池
あやめヶ池
あやめヶ池

清流
清流
小浜池のカモ
小浜池のカモ

三景橋
三景橋
広瀬神社
広瀬神社

楽寿館と小浜池
楽寿館と小浜池(国名勝国天然記念物)

 楽寿館は高床式の数寄屋造りの建物で、大広間の格天井や襖・杉板戸などには、明治時代の日本画が描かれている。
 小浜池は溶岩の間からの湧水により毎日水位が変化するが、近年は渇水時が長く、最近では平成23年(2011)に満水となった。

蓮沼川(宮さんの川)
蓮沼川(宮さんの川)

 楽寿園の小浜池を源流としているこの川は、そこに小松宮別邸があったことから「宮さんの川」と呼ばれている。もとは三島南西部への農業用水で、水量が豊富で清らかな流水だった頃は、生活用水であり、子供たちの夏の遊びでもあった。

三嶋大社へ left right 横浜へ
週末ウォーキング