伊勢原・渋田川河畔のシバザクラ満開
(伊勢原~門沢橋)

伊勢原駅(小田急小田原線)~渋田川河畔のシバザクラ~長沼のレンゲ畑~大山の戸田の渡し~門沢橋駅(JR相模線)
mark渋田川河畔のシバザクラ(しぶたがわかはんのシバザクラ)

 小田急伊勢原駅からバス道を歩き始めて約30分で渋田川に着くと、川沿いの狭い道路は花見客と路上駐車の車で混雑していた。

渋田川河畔のシバザクラ
渋田川河畔のシバザクラ(花の名所100選)

 伊勢原市の東部を流れる渋田川。その川岸、土手の斜面に4月の声を聞くと、赤、ピンク、紫、白などのシバザクラが一面に咲いて花の絨毯が出現する。このシバザクラは地元の老人が植えたのがその始まりで、次々と花を増やしていき、現在では600mを超える延長を保ち、河畔を埋め尽くす見事な花園になっている。

渋田川
渋田川
花見客で小さい橋は一杯
花見客で小さい橋は一杯

レンゲのハチミツ
レンゲのハチミツ
満開のシバザクラ
満開のシバザクラ

 近くの農家の人が地元で造った「レンゲのハチミツ」の販売をしており、売れ行きも上々であった。

2014.4.12 伊勢原渋田川の芝桜youtube

赤色
赤色
白色
白色

桃色
桃色
濃い桃色
濃い桃色

薄い桃色
薄い桃色
白に桃色
白に桃色

mark長沼のレンゲ畑(ながぬまのレンゲばたけ)
長沼のレンゲ畑
長沼のレンゲ畑
レンゲの花
レンゲの花

 上谷の交差点から厚木方面に向う。この辺りは田畑が多く一部レンゲ畑が見受けられたが、レンゲの花満開の季節にはまだ早かった。地元の人に聞くと「花満開の季節になると大勢の花見客が訪れ、そしてカラオケ大会などの催しがあり、結構賑やかになりますよ」と話されていた。

mark戸田の渡し(とだのわたし)

 よく晴れた五月晴れと紫外線の強い季節で、長時間を連続して歩くには多少疲れを感じる。
 相模川に架かる戸田橋の欄干には、「戸田の渡し」の説明が書かれていた。

相模川
相模川
戸田の渡し説明が書かれた戸沢橋の欄干
戸田の渡し(古道50選)

 安藤広重は戸田の渡しから見た大山を錦絵に残す。(相州大山道中戸田川之渡)
 この渡しは大山道の一部であり、江戸の昔より戸田村と門沢橋村のあいだ渡し中百十メートルほどを庶民の足また物資の輸送用として盛んに用いられていた。

⇒ 伊勢原~門沢橋周辺 ウォーキングマップ