西谷浄水場・横浜水道記念館
(上星川~西谷)

トップ / 相鉄沿線ウォーキング
上星川駅(相鉄本線)~横浜水道記念館~向台団地~富士山神社~西谷駅(相鉄本線)
mark蔵王高根神社(ざおうたかねじんじゃ)

 上星川駅から手軽に行ける、横浜水道記念館へ出掛けた。
 上星川駅南口から商店街通りを抜け、正面の交番を左に曲がると、帷子川に架かる両群橋に出る。両群橋の真下には、大きなコイが沢山泳いでいる。ここを通り過ぎる人達も、物めずらしくコイを眺めたり、また私と同じように写真を撮っている人もいた。

帷子川のコイ(両群橋)
帷子川のコイ(両群橋)
蔵王高根神社
蔵王高根神社

 少し先に行くと蔵王高根神社があり、ここから西谷浄水場までは坂道が約15分続く。坂を登るにつれて段々見晴らしが良くなってくるので、多少汗をかくが気持ち良く歩ける道であった。

mark横浜水道記念館(よこはますいどうきねんかん)

 西谷浄水場に入ると、正面に横浜水道記念館がある。展示室では、横浜市の水道の歴史を詳しく勉強することができ、さらに、展望室からは横浜の風景が360度見渡すことできる。

横浜水道記念館
横浜水道記念館
西谷浄水場
西谷浄水場

 西谷浄水場は、市内4カ所の浄水場の1つで、道志川相模湖を水源して、延長4kmの導水管で運ばれ、沈殿・浄化・滅菌され、西・中・南・保土ヶ谷・神奈川区へ市民の使用量の3分の1を供給する。1日の給水能力35万6000tである。

展示室
展示室
パーマー像
パーマー像

 英国陸軍工兵中佐ヘンリー・スペンサー・パーマーによる近代水道が横浜に完成したのが、明治20年(1887)だった。着工から2年半、相模川の水が野毛山浄水場を経て待望の居留外国人と横浜市民に供給された。それから20年、横浜の人口増加が給水量をはるか上まわり、大規模な水道拡張工事が急務となり、都筑群西谷村の標高70mの高台が浄水場候補地にあげられた。

津久井湖周辺の水源系統図
津久井湖周辺の水源系統図

横浜水道創設記念噴水塔
横浜水道創設記念噴水塔
ミツバツツジ
ミツバツツジ

 噴水塔は、明治20年(1887)横浜の近代水道創設を記念して、当時の横浜停車場(現、桜木町駅)の広場に設置されたものである。
 ミツバツツジは、横浜水道100周年を記念して、旧三井用水取入口(近代水道100選・明治20年創設水道の取水施設)がある津久井町より、町の木(山モミジ)・町の花(ミツバツツジ)の寄贈を受けた。

1500ミリ逆止弁
1500ミリ逆止弁
42インチ仕切弁
42インチ仕切弁

 1500ミリ逆止弁は、臨時導水増強工事(昭和36年~37年)で相模湖系管に南村導水加圧ポンプ出口の逆流防止用として設置されたものである。
 42インチ仕切弁は、第3回拡張工事第2期(昭和14年)に増設された青山沈殿池に設置されたものである。

36インチ鋳鉄管
36インチ鋳鉄管
転鐶彎管
転鐶彎管

 36インチ鋳鉄管は第2回拡張工事(大正4年)において、大島接合井から川井浄水場までの間(18,981m)の道志川系導水管として敷設されたものである。
 転鐶彎管は青山沈殿池に設置された両口浮動管の一部で、転鐶彎管、亜鉛メッキ鉄製浮子、ならびに浮腕により構成されたものである。

シンプレックス型沪過流量調節器
シンプレックス型沪過流量調節器
逆流洗浄流量調節器
逆流洗浄流量調節器

 シンプレックス型沪過流量調節器は昭和初期に作られたもので、西谷浄水場旧第1急速沪過池に使用したものである。
 逆流洗浄流量調節器は、旧第1急速沪過池の逆洗本管に設置されたものである。

ルーツ型75馬力送風機
ルーツ型75馬力送風機
1,100Kw導水加圧ポンプ
1,100Kw導水加圧ポンプ

 ルーツ型75馬力送風機はジュエル式沪過において水による逆流洗浄に先立って、砂層をゆるめてかくはんするための空気源とし旧第1急速沪過池に設置されたものである。
 1,100Kw導水加圧ポンプは臨時導水増強工事(昭和36~37年)で、当時の急激な水需要の増加に対応するため、南村ポンプ場の1,500ミリ導水管に設置されたものである。

いこいの広場の展望
いこいの広場の展望

2005.4.8 横浜水道記念館の桜youtube

 春には、桜の名所としてとして親しまれている。

⇒ 上星川周辺 ウォーキングマップ

和田町駅(保土ヶ谷公園)へ left right 西谷駅(富士山神社)へ