紀尾井町界隈 歴史散歩
(赤坂見附~四ツ谷)

赤坂見附駅(地下鉄日比谷線)~東京ガーデンテラス紀尾井町~ホテルニューオータニ(東京)~清水谷公園~紀尾井坂~喰違見附跡~尾張名古屋藩屋敷跡~四ッ谷駅(JR中央線)

 紀尾井町と呼ばれる一帯は、紀伊家、尾張家井伊家の三邸があったのでこの名がある。現在の紀尾井町1番地から3番地(東京ガーデンテラス紀尾井町一帯)を紀伊家、4・5番地(ホテル・ニーオータ一帯)を井伊家、6・7番地(上智大学一帯)を尾張家で占めていた。

mark東京ガーデンテラス紀尾井町(とうきょうガーデンテラスきおいちょう)
紀尾井タワー
紀尾井タワー
紀伊和歌山藩徳川家屋敷跡の碑
紀伊和歌山藩徳川家屋敷跡の碑

 この一帯は、江戸時代に紀州藩徳川家中屋敷(麹町邸)があった。明暦3年(1657)の明暦の大火の後、この地を拝領した。
 紀伊徳川家は、徳川家康の十男徳川頼宣に始まる家で、尾張家(九男徳川義直)、水戸家(十一男徳川頼房)と共に御三家と称された。頼宣は、慶長8年(1603)常陸水戸藩主、ついで慶長14年(1609)駿府藩主を経て、元和5年(1619)に紀州藩主となり、紀伊国と伊勢国の一部を領地とした。紀伊徳川家は、以降、十四代にわたって明治維新まで続いた。

花の広場
花の広場
テラスの小道
テラスの小道

赤坂プリンス クラシックハウス(旧李王家東京邸)
赤坂プリンス クラシックハウス(旧李王家東京邸)

 「グランドプリンスホテル赤坂旧館」として親しまれ、洋館「旧李王家東京邸」は、昭和5年(1930)に北村耕造と権藤要吉らの設計により建設され、平成23年(2011)には東京都指定有形文化財に指定された。

水の広場
水の広場
水の広場前
水の広場前

赤坂プリンス クラシックハウス 正面
赤坂プリンス クラシックハウス 正面

markホテルニューオータニ(東京)・日本庭園
ザ・メイン
ザ・メイン

近江彦根藩井伊家屋敷跡の碑
近江彦根藩井伊家屋敷跡の碑
日本庭園 案内図
日本庭園 案内図

 この地には、江戸時代に近江彦根藩の井伊家中屋敷(麹町邸)があり、井伊家は外桜田にあった永田町邸を上屋敷として使用していた。
 井伊家は、武勇の誉れが高い家柄で、彦根藩初代藩主井伊直政は、関ヶ原の戦いで徳川家康の軍奉行として活躍した。慶長5年(1600)近江佐和山に18万石で封ぜられ、慶長9年(1604)直政の子直勝の時代に彦根藩主となり近江国等を領地として、以降、十六代にわたって明治維新まで続いた。井伊家は、譜代大名の筆頭であり、大老職に任じられる名家でもあった。幕末に幕政を動かした井伊直弼は、特に有名である。

巨大な赤玉石
巨大な赤玉石
枯山水
枯山水

 赤褐色の独特色彩から赤玉石と呼ばれている

清泉池
清泉池

太鼓橋
太鼓橋
石心亭
石心亭

大谷米太郎像
大谷米太郎像
ガーデンタワー
ガーデンタワー

 大谷米太郎は富山県生まれ。昭和39年(1964)東京オリンピック開催に当り、国の要請に応じてホテルニューオータニを建設した。

和楽庵(茶室)
和楽庵(茶室)
x正面 ガーデンラウンジ
正面 ガーデンラウンジ

ぬれさぎ灯籠(江戸時代)
ぬれさぎ灯籠(江戸時代)
十二支が刻まれた春日灯籠
十二支が刻まれた春日灯籠

 園内には、数多くの灯篭が配置されている。

山茶花荘
山茶花荘
もみじ亭
もみじ亭

mark清水谷公園(しみずだにこうえん)
大久保利通公哀悼碑
大久保利通公哀悼碑

 明治11年(1878)に暗殺された大久保利通をしのんで、明治21年(1888)5月に建立された碑である。
 大久保利通は、薩摩藩出身の政治家で、明治維新後は版籍奉還や廃藩置県などを主導し、初代内務卿に就任した。西南戦争の終結後、一部の士族らが大久保の政策に反発し、明治11年(1878)5月14日朝、麹町清水谷において、赤坂仮皇居内の太政官へ出任する途中の馬車を襲い暗殺した。この事件は「紀尾井坂の変」と呼ばれている。

心字池
心字池
復元された湧水
復元された湧水

 湧水があったことから清水谷と呼ばれるこの周辺は、明治23年(1890)に東京市によって整備され清水谷公園となった。

江戸水道の石枡と木管
江戸水道の石枡と木管
清水谷
清水谷

 発見された江戸水道の石枡と木管は、四谷門をわたり江戸城内に給水された玉川上水幹線で、数段重ねた石枡に木樋を繋いでいる。
 江戸時代、この地にあった尾張徳川家の表門から南北に下る道筋が清水谷である。

mark紀尾井坂(きおいざか)
紀尾井坂
紀尾井坂
開業25周年記念ガス燈
開業25周年記念ガス燈

 清水谷から喰違見附へと登る坂道が紀尾井坂である。

mark喰違見附跡(くいちがいみつけあと)
江戸城 喰違見附跡
江戸城 喰違見附跡

 江戸時代初期の慶長17年(1612)に甲州流兵学者の小幡景憲によって縄張りされたと伝わる、江戸城外郭門の一つである。通常江戸城の城門は枡形門と呼ばれる石垣を巡らしたものだが、ここは土塁を前後に延ばして直進を阻むという、戦国期以来の古い形態の虎口(城の出入口)構造となっている。

mark尾張名古屋藩屋敷跡(おわりなごやはんやしきあと)
尾張藩徳川家中屋敷跡の碑
尾張藩徳川家中屋敷跡の碑
ソフィア通り
ソフィア通り

 尾張徳川家は、御三家と称され、徳川義直が年長で知行高も多かったため、御三家筆頭となり大名の最高位に位置した。尾張徳川家は以後、十六代にわたって明治維新まで続いた。

外堀土手
外堀土手
上智大学
上智大学

 外堀土手は、春になると満開の桜を楽しむことができる散策路である。

map 紀尾井坂町周辺 ウォーキングマップ

関連ページ(赤坂見附駅)

関連ページ(四ツ谷駅)

週末ウォーキング